越前市 「認知症家族やすらぎ支援事業」を実施中

2016年6月15日

「やすらぎ支援員」が自宅訪問

福井県の越前市が認知症高齢者の家族を支援するための「認知症家族やすらぎ支援事業」を実施している。この支援事業は、同市の研修を修了したボランティアである「やすらぎ支援員」が依頼者宅を訪問し、認知症高齢者の見守りを行ったり、話し相手になったりするというものである。

家族に代わって見守る支援事業

認知症の介護では、その進行度や症状により、認知症当事者から目を離せなくなる場合がある。しかし、介護者である家族にも買い物など、こなさなければならない所要もある。この「認知症家族やすらぎ支援事業」では、少しの間、そんな家族に代わり「やすらぎ支援員」が認知症当事者の見守りを行ってくれる。

また、介護疲れの緩和、認知症の進行を遅らせるための話し相手としてのほか、人間関係が介護保険サービス関連の人のような特定の人とのみになってしまいがちな認知症高齢者に、ほかの人と交流する機会としても、この支援事業を利用できる。

30分あたり100円・週4時間以内

この支援事業を利用できるのは同市内に住む約60歳以上の認知症の人で、介護保険の認定で要支援1から2、または要介護1から2の人、そして市長が同程度だと認めた場合となっている。

利用料金は30分あたり100円で、週4時間以内。申請方法など、詳しい情報は以下リンク先の越前市ウェブサイトまで。

▼関連記事
認知症介護の相談

▼外部リンク
認知症家族やすらぎ支援事業


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
このページの
上へ戻る