認知症最新ニュース

厚木市の認知症初期集中支援チームが活動を開始

2016年6月13日

支援チームが自宅を訪問
神奈川県の厚木市は6月1日、認知症の人、または認知症が疑われる人の自宅を訪問し、専門の各医療機関や利用できる介護サービスなどの紹介、利用支援を行う認知症初期集中支援チームの活動を開始したと発表した。

医師を含む3名以上で構成される支援チーム
今後も増え続けることが予想される認知症患者の問題に対し、政府は認知症施策推進総合戦略、通称、新オレンジプランを策定、認知症の進行度に応じた医療や介護が受けられるよう支援体制を構築、その戦略の重要な柱の一つがこの認知症初期集中支援チームである。

認知症初期集中支援チームは、認知症の知識を備えている医師を含む3名以上からなるもので、この支援チームが認知症や認知症が疑われる人の家庭を訪問、サポートを行う。

認知症の症状が強く対応に苦慮している人も対象
厚木市の認知症初期集中支援チームは、同市上荻野にある医療法人社団青木末次郎記念会相州病院に設置、チームは保健師や看護師などが2名以上、認知症の専門医1名で構成されている。また、その支援対象者は40歳以上で在宅にて生活しており、以下のいずれかに当てはまる人となっている。
1. 認知症の診断を受けていない人
2. 継続的な医療を受けていない人
3. 介護保険サービスに結びついていない、または中断している人
4. 認知症の症状が強いため、対応に困っている人
(プレスリリースより引用)

厚木市の認知症初期集中支援チームについての詳しい情報、問い合わせ先は以下リンク先の厚木市のサイトで確認を。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
認知症初期集中支援チームが活動を開始します。

こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4今週の認知症関連NEWSまとめ[4/27]
  5. 5東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  6. 6【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  7. 7国際アルツハイマー病協会国際会議 京都で開催中
  8. 8介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
このページの
上へ戻る