認知症最新ニュース

幼児教室のコペル、認知症予防のためのサービスを近く開始

2016年6月2日

心を育てる教育をめざすコペル
楽しく学べる幼児教室を全国的に展開する「コペル」が、高齢者の認知症予防や軽減に向けたサービスを近々開始する予定であることが、日経産業新聞のフロンティアビジネス欄で明らかとなった。

コペルは、0歳から小学生までの子どもたちを対象に、楽しく学びながら潜在能力を引き出していく教育をめざす教室。「知育」ばかりでなく、心を育て人格を高める「徳育」にも重点をおいている。

現在コペルは、直営・フランチャイズ方式を合わせて、全国各地で60の幼児教室を運営している。

幼児教室のノウハウを生かす
今回の高齢者に向けたサービスは、幼児教室で実際に使われている数字や動物の絵を利用したオリジナルの教材、そのノウハウを生かし、カードやボードなどを用いて認知症の予防につなげようという試み。

幼児用教材の研究開発担当者らが、高齢者に向けて試験提供しながら改良していく。また大学との連携により、認知症予防への効果も検証していく予定だ。

3年後には全国100カ所での導入を
認知症予防のための教室は、高齢者向けデイサービスの「プレジデントガーデン」(東京)との共同事業となり、手始めに同社運営の施設で無料提供を開始する予定。

コペルは、「3年後をメドに、フランチャイズチェーン(FC)方式を含めて100カ所での導入を目指す」(日経産業新聞より)方針ということだ。


▼外部リンク
コペル メディア掲載履歴

▼認知症の予防におすすめの本



こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4今週の認知症関連NEWSまとめ[4/27]
  5. 5東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  6. 6【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  7. 7国際アルツハイマー病協会国際会議 京都で開催中
  8. 8介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
このページの
上へ戻る