認知症高齢者の消費トラブルについてデータと分析を発表~平成28年度消費者白書

2016年6月15日

認知症高齢者等本人からの相談が少ないのがデータに

消費者庁は5月24日、平成28年度版消費者白書を発表した。その中で、2015年度中に寄せられた認知症の高齢者の消費生活相談について、分析が行われている。

65歳以上の高齢者全体では本人から相談が寄せられる割合は約8割だが、認知症等の高齢者に関する相談では、本人からの相談は16%。本人以外から相談が寄せられることが多い。

また、認知症等の高齢者の相談を販売購入形態別に見ると、「訪問販売」の割合が高齢者全体より大きいことが特徴。相談件数全体の39.7%にのぼっている。その「訪問販売」のうち、「新聞」や「屋根工事」、「浄水器」等が相談の主な商品・サービスとなっている。

「訪問販売」の次に多いのが「電話勧誘販売」で全体の18.9%だった。

認知症高齢者の特性が数字に表れている

2015年度の65歳以上の高齢者に関する消費生活相談は24万件で、そのうち認知症等の高齢者に関する相談件数はそのうちわずか3.7%の8,826件。

消費者白書では、認知症等の高齢者は、販売業者による勧誘や販売契約を結ぶ場面で必要な判断能力が不十分であるため、一般の高齢者よりトラブルに遭いやすい状況にある、と指摘。

また、一般の高齢者に比べて「トラブルに遭っている」という認識が低く、問題が潜在化しやすい傾向にある、としている。

▼関連記事
認知症高齢者を詐欺から守るために

▼外部リンク
消費者白書 消費者庁


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6高齢者の徘徊対策用QRコードアイロンプリントサービス
  7. 7「全国認知症予防ネットワーク」設立総会・サミット開催
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9216万人が認知症の疑いがあるまま運転している可能性
  10. 10「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
このページの
上へ戻る