認知症最新ニュース

認知症予防・改善コンテンツが流れる通信カラオケ、泉佐野市35施設で導入~第一興商

2016年6月7日

介護予防教室運営も受託
株式会社第一興商(第一興商)は5月23日、『運動』『口腔』『認知』機能の向上・改善を支援する「DKエルダーシステム」を大阪府泉佐野市の35施設で導入されることが決まったと発表した。

「DKエルダーシステム」とは、音楽、体操、映像、カラオケを組み合わせたコンテンツが流れる通信カラオケ装置。

またこれに合わせて、泉佐野市の音楽介護予防教室「泉佐野元気塾」の運営も第一興商が受託した。

教室運営にあたり、一般社団法人日本音楽健康協会が認定する音楽健康指導士を派遣。この6月から同市の町会館、自治会館および公共施設など35カ所において1回あたり約90分の教室を月1回、参加費無料で開催する。

さらに、泉佐野市の町会等が同様の音楽介護予防教室を自主的に開催できるよう、「泉佐野元気塾」参加者の中から指導者を養成するための支援も行う。


自治会館や施設での使用を考えた使い勝手の良さ
カラオケとして使うだけでなく、『運動』『口腔』『認知』機能の向上・改善を支援する目的でも使用できるのが特長。

推奨する通信カラオケ装置はFREE DAMで、本体と専用スピーカー内蔵ラックとを組み合わせた一体型。

楽に移動させるための取っ手や、マイクを持ちながら操作するためのパネルといった、施設内での使用に配慮した設計となっている。

「DKエルダーシステム」はこれまで、19,000カ所以上の高齢者施設で導入実績がある。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
報道資料 [第一興商]


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4今週の認知症関連NEWSまとめ[4/27]
  5. 5東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  6. 6【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  7. 7国際アルツハイマー病協会国際会議 京都で開催中
  8. 8介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
このページの
上へ戻る