認知症最新ニュース

国分寺市が認知症簡易チェッカーアプリの提供を開始

2016年5月25日

無料で認知症かどうかのチェックができるアプリを国分寺市が配信開始
平成28年5月19日、自身の持つスマートフォン端末にて質問に答えるだけで認知症かどうかをチェックできる、専用アプリ「国分寺市認知症簡易チェッカー」の配信を開始したと、東京都国分寺市が発表した。

なお、このアプリはAndroidとiPhoneともに対応している。

本人向けと家族向けの2パターン用意
今回無料アプリとしてリリースされたのは、平成26年5月から市のページにて公開されている、「国分寺市認知症簡易チェックサイト」をアプリ化したものだ。

これは、東海大学医学部等との協力の下作成されたもので、幾つかの簡単な質問に回答するだけで、認知症のリスク判別が可能になるというもの。

そして今回のアプリにおいても、「探し物が多いか」また「知人の名前が思い出せないことがあるか」等といった、質問に回答するだけで認知症リスクが3段階で判別されるようになっている。

また、これらの質問群は「本人向け」のものと家族等の「周辺の人向け」の、2パターンが用意されており、場面によって使い分けられる

関連窓口連絡先の検索機能付き
こうしたチェック機能に加え、必要に応じて病院や地域包括支援センターといった行政窓口等の連絡先も、検索可能となっている。



▼外部リンク
無料認知症チェックアプリを配信開始

こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【認トレ教室レポート】話題の脳トレ「ブレインHQ」を体験!@イオ…
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4楽しみながら症状緩和!認知症における音楽療法の効果とは【第35回…
  5. 5NHKスペシャル シリーズ「私たちのこれから」認知症社会
  6. 6「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会[PR]
  7. 7【脳エクササイズ】世界で初めて認知症リスク半減効果が実証される
  8. 8カマンベールチーズにアルツハイマー型認知症を予防する効果あり! …
  9. 9コリンで認知機能を維持し、健康寿命をのばそう![PR]
  10. 10中年期以降の物忘れを改善する内服薬が新発売
このページの
上へ戻る