「真田丸」の温泉地で認知症予防~環境省、日本理学療法士協会、上田市が協定書締結

2016年6月3日

温泉地を活用した認知症予防プログラム開発へ

環境省は5月9日、同省と公益社団法人日本理学療法士協会(日本理学療法士協会)および長野県上田市との3者間で、「温泉を活かした健康づくりに関する協定」を締結することとしたと発表した。

環境省が「国民保養温泉地」として指定している鹿教湯温泉(丸子温泉郷等)で、国民の健康増進に資する事業を展開し、かつ新たな温泉地の姿を構築するための取り組みとして行うもの。温泉地を活用した介護予防・認知症予防事業のプログラム開発を目指す。

環境省は、昭和29年(1954年)から「国民保養温泉地」を92カ所指定。上田市内にある鹿教湯温泉(丸子温泉郷)はそのうちの1つ。

各団体の役割

環境省では、温泉の保護や国民の保健療養、国民保養温泉地等の振興・活性化を推進するため、本事業に対し必要な助言を行うほか、本事業により得られた成果を広く普及・啓発する。

日本理学療法士協会は、温泉地を活用した多職種協働型の宿泊型介護予防・認知症予防事業のプログラムの開発や、理学療法士による専門的な評価とそれを踏まえた具体的な介護予防・認知症予防の実施について協力を行う。

上田市は、市内の各施設との間での調整と、本事業に関する積極的なPRを行っていくとしている。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介
健康診断としてオススメ!電話で10分の認知症検査

▼外部リンク
環境省


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【明日放送】林修の今でしょ!講座 認知症予防に期待できるお肉とは…
  4. 4ユッキー先生の認知症コラム更新!認知症の人の対応 ~入浴嫌い~
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  7. 7政府、骨太方針2017を決定。認知症支援で循環型の仕組構築へ
  8. 8【明日放送】NHKスペシャル「睡眠負債が危ない」
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「運動+乳製品」が認知症やガンなどの根本原因に効果
このページの
上へ戻る