金沢大学アルツハイマー病状コントロールへの糸口見つける

2016年5月16日

アルツハイマー型認知症の原因物質の繊維構造観察に成功

日本時間の5月10日、金沢大学の山田正仁教授らがアルツハイマー型認知症の原因物質である、アミロイドβの繊維構造がその置かれている環境によって左右されることを発見したと、同日のアメリカ科学アカデミー紀要電子版にて発表された。

なお、これはアメリカのカリフォルニア大学との共同により行われたものである。

世界初アミロイドβの繊維構造の観察に成功

今回の研究では、アルツハイマー型認知症の原因物質であるアミロイドβを人口生成し、それを分子構造や分子動態を精密に撮影することのできる原子間力顕微鏡により観察した。

その結果、その繊維構造として直線型とらせん型そして新たに両者の構造を併せ持つ存在が、世界で始めて確認されたのである。

加えてアミロイドβを生成したときに用いる溶媒を変えることで、生成されるアミロイドβの構造が変化することも認められた。

具体的には、食塩水溶媒ではらせん型が塩化カリウム溶媒では新たに発見された構造が、多く見られたのである。

これは、塩分組成といった環境により繊維構造が左右されることを示している。

アルツハイマー型認知症の病状や進行度のコントロールに期待

今回の研究結果から、アミロイドβに対する周囲環境を操作することでアルツハイマー型認知症の病状や、進行速度をひいては発症の予防を図ることができるのではとされている。

これは、アルツハイマー型のうち数年で死に至ってしまう急速進行型もあることから、期待の持てる内容だと言える。

▼関連記事
運動によってアルツハイマー病の原因物質をつくる酵素GSK3βの活性化阻害が判明
アルツハイマー病の原因とされるタンパク質を細胞内で可視化する技術を開発

▼外部リンク
世界最速の原子間力顕微鏡を用いてアルツハイマー病原因物質の構造変化を確認


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  6. 6認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9超小型GPS端末&スマホで徘徊検知「パルモどっち君」発売
  10. 10【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
このページの
上へ戻る