ワーファリンの使用及び心房細動それぞれが認知症の長期的リスクを高める

2016年5月31日

認知症長期的リスクに心房細動とワーファリンの使用が影響

平成28年5月5日、ハートリズムソシエティの年次会合にてワーファリンの長期使用また心房細動それぞれが、認知症のリスクを高めることが分かったと発表した。

なお、今回の発表はスピーチでのみなされている。

心房細動及びワーファリンの使用 独立して認知症リスク増強の要因に

今回行われた研究では、心房細動を有する者またそうでないものを比較した結果、心房細動を有する者において認知症全ての長期的なリスクが高まることが分かった。

一方、抗凝血薬であるワーファリンを治療に用いている場合、そうでない場合に比べ認知症の発症リスクが増加しており、とりわけこれはワーファリン投与における不良コントロール状況下において大きい。

またこれは、対象者が心房細動を有するか否かとは関係がないとされている。

心房細動の有するリスクファクターの関係はみられず

心房細動を発症している者はそうでない者に比べ、脳卒中や糖尿病また高血圧等の既往歴といったリスクファクターを有している。

これを踏まえ考察したとき、一見これらファクターと認知症発症リスクの増強との間に何らかの因果関係があるように捉えることができる。

しかし、これら多数のリスク要素を補正した上での比較においても、心房細動患者の認知症リスク増強がみられたとされているのだ。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
New Study Shows Atrial Fibrillation Patients Treated With Warfarin Long-Term Are At Increased Risk For Dementia


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  6. 6認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9超小型GPS端末&スマホで徘徊検知「パルモどっち君」発売
  10. 10【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
このページの
上へ戻る