庭造りを通した健康寿命の増進を目指す日本ガーデンセラピー協会設立

2016年5月26日

庭造りを通して健康の増進を図る日本ガーデンセラピー協会設立

平成28年4月27日、産官学の協同によってガーデンセラピーに関して研究教育そして啓蒙活動をし、自己治癒力の向上によった予防医学的視点にて豊かなライフスタイルの構築等を目指す、日本ガーデンセラピー協会が設立された。

平均寿命が高くても健康寿命は高くない

現在日本は超高齢化社会のまっただ中にあり、平均寿命も一昔から比べ大きく伸びている。

だが、その一方で健康寿命はそれほど高いとは言えず実際、65才以上の高齢者においておおよそ7人に1人が認知症を抱えており、さらに同じく65才以上高齢者のおおよそ4人に1人が、認知症前段階と言われる軽度認知障害であるのだ。

加えて、生活習慣病患者数も急激にその数を増やしており、それに伴って医療費等の社会保険関連費もふくれあがり一種の社会的課題ともなっている。

その一方で、医療現場でははっきりと病名がつけられる状態になるまでは、医療的アプローチを受け難いシステムとなっており、これがまた平均寿命と健康寿命の間の差を大きくさせる要因の1つでもあるのだ。

予防的観点からの健康増進を目指して

こうした現状を受け、ガーデンセラピーについての学術的な研究を推進また、成果を発表する組織日本ガーデンセラピー協会が設立されたのである。

なお、ガーデンセラピーとは庭造りを通し植物や自然に触れることで、認知症や生活習慣病等の予防やそれらからの回復ひいては、健康寿命の増進及び延伸を図るものだ。

▼関連記事
認知症予防法についてはこちらで紹介

▼外部リンク
一般社団法人日本ガーデンセラピー協会


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
このページの
上へ戻る