熊本県 避難所における認知症の人への配慮・支援のための手引きを作成

2016年5月11日

認知症の人の心身に配慮を

熊本地震で多数の被災者が発生し、避難所にも認知症の人や家族、高齢者がいることから、熊本県では「避難所での認知症の人や高齢者の健康管理」と「避難所での認知症の人と家族支援ガイド」を作成し公開した。これらの手引きは同県のホームページから閲覧できる。

水分の多い食べ物は高齢者に

「避難所での認知症の人や高齢者の健康管理」では、人間は加齢とともに食べ物を飲み込みにくくなるため、果物や缶詰など、水分が多い食べ物を優先的に高齢者に行き渡るよう求めている他、高血圧や糖尿病患者への注意喚起、急性肺血栓塞栓症、いわゆるエコノミークラス症候群予防のための体操なども紹介されている。

認知症の人は急激な環境の変化が苦手

「避難所での認知症の人と家族支援ガイド」は、急激な環境の変化が苦手な認知症の人のために、不安を軽減するための工夫や、避難所内に認知症サポーターなど、認知症に詳しい人がいないかを確認すること、周囲の理解などを求めている。

また、同県では認知症に関する悩みや心配事の相談窓口としてコールセンター「認知症ほっとコール」を設置、この電話番号は096-355-1755で、午前9時から午後6時までとなっている。

(画像は熊本県のホームページより)

▼関連記事
認知症のケアと介護

▼外部リンク
避難所での認知症の人やその家族への配慮等について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10認知症患者さんの心に寄り添ったサービスや介護を 未来設計の取り組…
このページの
上へ戻る