「大丈夫!!もの忘れなんて怖くない!」杉並区認知症ケアパスを作成

2016年5月13日

杉並区の公式ホームページからも

東京都の杉並区が認知症ケアパス「大丈夫!!もの忘れなんて怖くない! ~いつまでもいきいきと暮らしていくために~」を公開した。これは主に認知症の診断を受けたばかりの人や、初期症状の人、もの忘れが気になり始めた頃の人を対象に、孤独に悩みを抱え込まず、適切な窓口への相談をしてもらうために作成されている。

この認知症ケアパスは区役所高齢者在宅支援課、各地域区民センター、保健センターなどで配布されているほか、同区の公式ホームページから閲覧できる。

自分らしく暮らし続けるために

認知症を根治する方法は確立されていないが、その症状を軽くしたり、進行を遅らせたりすることは可能である。そして、それらの対処方法は、その認知症が早期であればあるほど、効果が高くなるため、早期発見、早期治療が大切なのである。

杉並区では認知症高齢者を在宅介護している家族のために、「認知症高齢者家族安らぎ支援」として、ボランティアの安らぎ支援員を派遣、認知症を正しく理解し、当事者と家族を見守る「認知症サポーター」制度を設けるなど、認知症になっても安心して暮らすための事業を行っている。

そして、この認知症ケアパスも、住み慣れた地域において自分らしく、希望を持って暮らし続けるために配布、公開されている。

(画像は杉並区認知症ケアパスより)

▼関連記事
認知症サポーターとは

▼外部リンク
杉並区認知症ケアパス「大丈夫 もの忘れなんて怖くない」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  6. 6「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  7. 7認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  8. 8徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  9. 9第9回 アルツハイマー型認知症の早期発見と予防
  10. 10九州大、神経幹細胞が変化するメカニズムを明らかに
このページの
上へ戻る