在宅介護関連の円滑な情報収集をサポートする地域ケア情報検索サービス開設

2016年4月27日

業界初の地域ケアにおける情報検索サービス「たすケア」開設

平成28年4月20日、専門家によるガイド記事や在宅介護関連サービスの検索が可能な、地域ケア情報検索サービス「たすケア」を開設したと、株式会社カカクコムが発表した。

なお、今回のような情報検索サービスの開設は業界初となる。

在宅介護とそれを取り巻く社会状況を踏まえて

現在日本においては高齢化が急速に進展してきており、その勢いは衰えを知らない。またこうした中、介護環境においてとりわけ在宅介護が最多となっており、今後の増加も見込まれている。

その一方で、厚生労働省は地域包括ケアシステムの構築を推し進めており、それにより各自治体がそれぞれの地域ごとに介護サービスや支援を自主構築し、これを通じ個人レベルでの住環境整備や健康管理の主体的実行を推奨している。

このような状況であるにも関わらず、個人単位での在宅介護に関する一元的情報収集は困難な現状にあり、認知症等の繊細なケアを必要とする介護を在宅で行うには、厳しい環境だと言える。

こういった現状から、株式会社カカクコムは今回在宅にて介護をするにあたり、必要な医療や介護または地域サービスに関する情報をインターネット上に集め、ユーザーが必要とするときに手軽に入手できるよう、地域ケアの情報検索サービス「たすケア」を開設した。

高齢者支援に関する地域サービス情報とテーマ別専門ガイド記事等が検索可能

今回リリースされた情報検索サービス「たすケア」では、訪問介護や居宅介護支援また配食サービス等の在宅介護サポートから、グループホームやデイサービス等といった施設サービス、福祉用具の販売やレンタルといった自宅における設備サポートまで、事業者情報が幅広く掲載されている。

これら事業者情報は、施設利用や「自宅に来てくれる」等、ニーズ別に項目化されており、エリアごとでの検索が可能となっている。

加えて、認知症やレビー小体型認知症、脳卒中といった症状、同居やリハビリといった多くのテーマから、ユーザーの抱えている悩みの解決法や原因について検索することができる。

この他にも、介護体験談やカテゴリ別のレポートも閲覧可能だ。

対象地域は、東京23区から始め、今後順次拡大予定である。

▼外部リンク
カカクコム地域ケアの情報検索サービス「たすケア」を開設


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
このページの
上へ戻る