富岡市 認知症サポーター養成出前講座募集

2016年5月12日

富岡市が進める認知症サポーター制度

現在、群馬県の富岡市は認知症サポーター養成の出前講座の受講希望企業、団体を募集している。

同市は認知症とその患者への正しい理解と、当事者や家族に対して、思いやりの気持ちでふれあい、応援できる人を養成する認知症サポーター制度を設けており、この出前講座も認知症サポーターの養成事業の一環として行われている。

同市の認知症サポーターは2015年3月末時点で1,823人。この出前講座に費用は必要なく、講座を修了した参加者にはその印であるオレンジリングのブレスレットが交付されることとなっている。

申込書は市のホームページからダウンロード

また、富岡市は市民の学習のために、その他にも様々な出前講座を行っており、講師として職員などを派遣している。この出前講座には、認知症などで判断能力に問題が見られる場合に利用される成年後見制度について、介護保険制度について、後期高齢者医療保険についてなどのメニューが設けられている。

この認知症サポーター養成のための出前講座は、同市内の企業や団体の10名以上の受講者で申し込め、申込書は同市のホームページからダウンロードできるようになっている。

(画像は富岡市のホームページより)

▼関連記事
認知症サポーターとは

▼外部リンク
【募集】認知症サポーター養成の出前講座


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  9. 9認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  10. 10「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
このページの
上へ戻る