認知症サポーターは地域住民も!フレッシュな私たちも!~青森市内での取り組み

2016年4月19日

講座受講で認知症サポーターの証であるオレンジリングが

青森市内では、認知症の人を地域で支えるため、「認知症サポーター」の養成についての取り組みが行われている。

青森市役所では、認知症サポーターの養成講座を地域の町内会、職場、学校などへ要請を受けて派遣している。

同市役所は、認知症サポーターを、「認知症サポーター養成講座」を受講して認知症についての基礎知識や対応の仕方などを学び、認知症の人やその家族を地域で見守る「応援者」として認定している。

認知症サポーター養成講座の受講を終了すると、「オレンジリング」が渡され、認知症サポーターとして認められる。

講座は、5名以上の参加で開催し、60~90分間で、「認知症に関する基礎知識」、「対応の仕方など」を学ぶ。

団体が申し込みをすると、同市役所から講師が派遣される。講師料は無料となっている。会場は申し込みをする団体が用意する必要がある。

青森銀行では新入行員を認知症サポーターに

青森銀行では3月31日、平成28年度新入行員56人に対し「認知症サポーター養成講座」を開催すると発表した。

講座は4月6日に同銀行本店で開催し、新入行員は「認知症とは」、「認知症の症状」、「認知症の人への対応」、「認知症サポーターとしての地域活動」を学ぶ。

▼関連記事
認知症サポーターとは

▼外部リンク
認知症のかたを地域で支えるために/青森市
青森銀行|「認知症サポーター養成講座」の開催について


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1クリカン(栗田貫一)やドン小西は認知症予備軍!「私の何がイケない…
  2. 2「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5レビー小体型認知症、最新の治療法は?
  6. 6「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  7. 7認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  8. 8徹底したサービスで特別感のある場所づくり~【第4回】認知症に寄り…
  9. 9第9回 アルツハイマー型認知症の早期発見と予防
  10. 10九州大、神経幹細胞が変化するメカニズムを明らかに
このページの
上へ戻る