沖縄県が認知症高齢者等見守り活動事業の協力業者を募集

2016年4月15日

「沖縄県認知症高齢者等見守り活動に関する実施要綱」に基づいた事業

沖縄県では、「沖縄県認知症高齢者等見守り活動に関する実施要綱」に基づき、認知症高齢者等見守り活動の推進を目的とした、認知症高齢者等見守り活動事業に係る協定締結事業者を募集している。

行方不明時の早期発見を目指したSOSネットワークの構築を図る

今後ますます認知症高齢者等の増加が見込まれる社会の中で、各地域において認知症高齢者等とその家族等への理解を図り、そして安心して生活するためには、地域全体の見守り体制を構築することが重要となる。

そこで認知症高齢者等の見守り体制の強化と、行方不明時の早期発見を目指しSOSネットワークの構築を図るべく、沖縄県ではネットワーク協力機関との協定を締結する事業者を募集する。

業務に支障のない範囲で、市町村窓口警察署又は消防署への報告に努める

事業内容として、対象者に何らかの異変を感じた場合は、必要に応じて所管の市町村窓口への連絡に努め、緊急を要すると認められるときは、警察署又は消防署にその状況を通報するよう努める。

各地域での認知症高齢者等見守りとSOSネットワーク事業へ参加し、自社の従業員へ認知症サポーター養成講座を受講させ、サポーターの増進に努める。また、各市町村等に対してもこの協定の趣旨を周知し、高齢者等見守り活動の取り組みが円滑に実施できるようサポートしていくことが求められる。

また今回の応募に関する要件として、複数の市町村で幅広く活動している事業者等であり、求められる事業内容について全部を取り組むことができる事業者等となっている。

詳細については下記リンク先参照のこと。

(画像は沖縄県HPより)

▼関連記事
京都府内で初!セブンイレブンが高齢者見守り
箕面市全域で「見守りサービス実証実験」実施
「朝の対話による見守りサービス」 11月より運用開始 ~認知症早期発見へ

▼外部リンク
認知症高齢者等見守り活動事業に係る協定締結事業者を募集
沖縄県公式サイト


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  6. 6嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  7. 7認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  8. 8認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  9. 9中高年からの食事制限はアルツハイマー病を加速する可能性があると研…
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る