認知症による暴言・暴力等が薬の変更で軽減された例

2016年4月12日

ドネペジルが効いていなかった認知症女性

一般社団法人「抗認知症薬の適量処方を実現する会」は、認知症患者による易怒・暴言等について、服薬を「ドネペジルからリバスチグミン」へ変更することにより軽減された事例があると報告した。

効果が認められたのは千葉県に住む90歳の女性認知症患者で、日頃から引きこもりがちで家族に依存傾向が強く、老人性認知症と診断されていた女性は、当時の主治医から「認知症の薬はほかにない」と、ドネペジル5mgを処方されていた。

しかし服用を続けてもデイサービス利用中に暴言、暴力、落ち着かない、大声、奇声を上げるなどの行動をとり続け、家族も大変な思いをしていたことから、2010年4月から認知症対応型デイへ女性を移したという。

リバスチグミンの服用開始をきっかけに暴言・暴力が治まる

その後2013年1月にもの忘れ外来にて、ドネペジルを中止した上でリバスチグミン4.5mgとフェルラ酸サプリメントの服用を開始したところ、易怒、興奮、暴言・暴力等の行動が消失したという。

なお女性にはリバスチグミンの服用開始を契機として、傾眠傾向や幻視の症状が出現してもいる。

自宅で転倒骨折した経緯ももつが、現在は介護サービスを利用しながら在宅介護で生活を続けているという。

(画像は抗認知症薬の適量処方を実現する会HPより)

▼関連記事
認知症の薬

▼外部リンク
抗認知症薬の適量処方を実現する会 事例報告


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「これは効く」専門医が認めた療法 認知症関連書籍 新刊案内
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6【7/21深夜放送】TBS「NEWSな2人」:介護経験者たちが語…
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  9. 9映画『ハローグッバイ』、もたいまさこが認知症女性をリアルに演じる
  10. 10認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
このページの
上へ戻る