高齢者と家族の両方をサポートするCareEye今春サービス開始

2016年4月7日

高齢者本人と家族の両者を考えたIoTプラットフォームサービス開始へ

平成28年3月16日、高齢者の生活支援に役立つIoTプラットフォームCareEyeを、今春からサービスインさせるとインフィック株式会社が発表した。CareEyeを使うことで、家族やとりわけ本人でも気づきにくい、認知症の初期症状を検知しやすくなる。

高齢者生活支援IoTプラットフォームで能動的に高齢者の生活を支援

現在、国策として高齢者自身が自分らしく家で生活できるような体制作りが、推し進められている。だがその一方で介護離職に代表されるように、介護する側の環境が整っているとはいいがたい。

こうした現状を受け、インフィック株式会社は高齢者生活支援に特化させたIoTプラットフォームを開発し、それにより高齢者の自分らしい生活をサポートしようというのだ。

この高齢者生活支援IoTプラットフォームCareEyeは、各種センサーにより高齢者の行動や日常生活を可視化し、それにより得たデータをクラウドにて蓄積及び管理そして、AIで学習するところに特徴がある。

よって、従来のような利用者の行動を待つのでなく、プラットフォームが考えふだんの見守りから生活支援を行ってくれるのだ。

専用アプリで家族に安心をお届け

加えて、専用のアプリをスマートフォンやタブレットまたパソコンにインストールすることで、高齢者の状況を好きなときにモニタリングできる点も魅力の1つだ。

つまり、この高齢者生活支援IoTプラットフォームCareEyeは、高齢者の生活サポートだけでなくその家族への、高齢者の状況等を伝えるといったことをトータルに行ってくれるシステムなのだ。

▼関連記事
電話で10分!手軽に認知症をチェック!

▼外部リンク
高齢者生活支援IoTプラットフォーム「CareEye(ケアアイ)」今春サービスイン[pdf]


このページの
上へ戻る