Lancet Neurology誌がアルツハイマー病など認知症で特集

2016年3月26日

認知症に関する74ページの報告掲載

2016年3月16日、The Lancet Neurology Commissionが同年4月に、Lancet Neurology(ランセット・ニューロロジー)誌第15巻全体で、アルツハイマー病やその他認知症のケアや研究の進展について取り上げ、「アルツハイマー病とその他認知症を克服する―欧州の科学と社会の優先課題」と題した74ページにわたる報告を掲載することを発表した。

同報告は、スウェーデンのカロリンスカ研究所アルツハイマー研究センターのベンクト・ウィンブラッド教授主導の下、スウェーデン、フランス、イギリス、オーストラリア、デンマーク、カナダ、スイス、イタリア、ルクセンブルク、アメリカ、ドイツ、オランダの主要研究者によって編纂された。

認知症克服のために

報告では、国際アルツハイマー病協会のWorld Alzheimer Report 2015「認知症の世界的インパクト―有病率、発症率、経費、傾向に関する分析」を支持しており、認知症のケアと研究を向上させるために長期的な政治・経済的関与の重要性が説かれている。

ここでの勧告は、2015年3月の世界保健機関初の「認知症に対する世界的アクションに関する閣僚会合」に続くもので、多国籍の公的な政府機関や学術センター、製薬会社その他が協力して、認知症への医薬品以外のケアに対するインフラの構築・改善が求められた。

施策として大きく要求されたのは、「各国の認知症のケアとインフラストラクチャーを強化する政策を構築する政治的意志の強化」、「認知症患者らを支える社会の発展を含め、あらゆる面での認知症に対する協力関係の構築」「国連障害者権利条約を通じたこれら権利の擁護を含め、あらゆるレベルで認知症患者の権利と声に関心を集める」の3つだ。

国際アルツハイマー病協会は、アルツハイマー病ほか認知症の克服のためには、研究だけではなく政治や経済面での取り組み強化が欠かせないこと、また世界的な協力が必要であることを強く訴えている。

▼関連記事
ゲノム医療、政府の来年度の予算に。認知症の遺伝子別医療も期待。

▼外部リンク
共同通信PRワイヤー 海外リリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  7. 7肥満と認知機能低下に関係あり?
  8. 8「ブレインHQ」の魅力を探る! 利用者向け交流会
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10認知症患者さんの心に寄り添ったサービスや介護を 未来設計の取り組…
このページの
上へ戻る