厚労省が認知症高齢者への介護サービスの実態を調査

2016年3月24日

浮かび上がる全体的傾向

厚生労働省は16日「介護保険サービスにおける認知症高齢者へのサービス提供に関する実態調査研究事業」の結果概要を公表し、認知症高齢者の状態に応じた介護サービスの実施状況について、横断的に行った調査の成果を発表している。

それによると、サービス利用者に占める認知症高齢者の割合は「居宅系サービス」で「日常生活自立度IIa~M」が約5割、「居住系サービス」で「日常生活自立度IIa~M」が約8割などとなっていた。

認知症患者に対する受け入れ体勢に差

居宅系サービスにおける傾向として、認知機能が重度化するにつれて種々サービスの利用割合が高くなる傾向があり、「訪問介護」「訪問リハビリテーション」「通所介護」「通所リハビリテーション」の施設は揃って軽度者の利用需要が多いことが分かった。

それに対して「認知症対応型通所介護」「特定施設入居者生活介護」「小規模多機能型居宅介護」「認知症対応型共同生活介護」は重度者の利用率が高いことが分かった。

調査から浮かび上がった認知症高齢者に対するサービス提供の実態として、認知症患者の受け入れを前提としたサービスは「認知症の人に対するケアの方針」の策定が行われている割合が高く、一方で居宅系サービスの場合は同方針の策定件数が少なく、医学的診断の実施率も低いことが分かった。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
介護施設・サービスの種類

▼外部リンク
厚生労働省 プレスリリース[pdf]


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  5. 5「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  6. 6【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  7. 7認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  8. 8今野先生コラム「食事で認知症予防」第1回:ポリフェノールと認知症
  9. 9趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  10. 10今野先生コラム「食事で認知症予防」第2回:ココナッツオイルと中鎖…
このページの
上へ戻る