「認知症ケアパスができました!」 会津若松市

2016年3月11日

希望者には無料で配布

会津若松市高齢福祉課では、2月25日ホームページにて、「認知症ケアパス(care pathway)」を作製したとの通知をおこなった。

認知症の進み具合や状態に応じて受けることのできる医療・介護・福祉サービスなどを説明したパンフレットで、相談機関向けに作られたものだが、希望者には無料で配布するとのことだ。A4版12ページ。

気づきのポイント

認知症は、早期に気づいて専門医を受診することや病気の状態に応じて適切な対処をすることで、その人らしい生活を長く続けることができる。認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう、会津若松市では、気づきのポイントを呼びかけている。

「いつも、あれがない、これがないと探している」「趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった」「同じ食材がたくさんある」「ささいなことで怒りっぽくなった」など。

1つでもあてはまる人は、認知機能の衰えを疑い、医師や地域包括支援センターなどに相談した方がよいということだ。「認知症ケアパス」を希望する人は、高齢福祉課へ問い合わせを。

【問合せ先】会津若松市役所 高齢福祉課 地域支援グループ (会津若松市栄町5-17 栄町第二庁舎/電話:0242-39-1290)

「認知症地域支援ガイド」も発行

また会津若松市では、1月に「認知症地域支援ガイド」も発行。認知症についての正しい知識を持ち、認知症の人や家族を支えるためのガイドブックとなっている。こちらは市の高齢福祉課ホームページよりダウンロードできる。

(画像は「認知症ケアパス」パンフレットより)

▼関連記事
都内初の認知症対策パンフレット「知って安心認知症」作成【町田市】

▼外部リンク
会津若松市「認知症ケアパスができました」
「認知症ケアパス」パンフレット[pdf]


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  6. 6今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  7. 7パーキンソン病治療剤「トレリーフ」、効能を追加申請
  8. 8米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  9. 9今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]
  10. 10認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
このページの
上へ戻る