「もっともっと認知症カフェ」! 市民セクターよこはまフォーラム

2016年2月16日

誰もが自分らしく暮らせるまちづくりを

認定NPO法人市民セクターよこはまでは、3月18日(金)、フォーラム「もっともっと認知症カフェ ~みんなでつくる大切な場所~」を開催する。関心のある人なら、誰でも参加が可能。

市民セクターよこはまは、「誰もが自分らしく暮らせるまちづくり」をめざし、横浜市内のさまざまな活動や団体のネットワークとして1999年に誕生。今回のフォーラムでは、認知症の人やその家族、専門家、地域の人々が集い、支え合う場としての「認知症カフェ」についてより理解を深め、その手法や課題について学び合う機会とする。

各地区の実践報告とディスカッション

当日はまず、クリニック医庵たまプラーザ院長の高橋正彦氏による基調講演『認知症カフェとは』が開催される。

続いて実践報告として、NPO法人の「さくらカフェ」「オレンジデー」(横浜市金沢区)の取り組みを、町内会の取り組みとして「土橋カフェ」(川崎市宮前区)を、京都からは「京都府における認知症カフェ」の取り組みについてそれぞれ紹介される。最後に参加者をまじえてのディスカッションがおこなわれる。

開催概要

【日時】2016年3月18日(金) 13:30~16:30 (受付 13:00~)
【会場】横浜情報文化センター 6階ホール (神奈川県横浜市中区日本大通11番地)
【定員】200名(先着順・事前申込制)
【参加料】500円

申込方法は、氏名・連絡先・所属を記入のうえ、FAXまたはメールにて送付。チラシ裏面が申込用紙となっているので、下記サイトより確認されたい。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
認知症カフェセミナー開催[仙台]

▼外部リンク
認定NPO法人市民セクターよこはま フォーラム案内
フォーラム「もっともっと認知症カフェ」チラシ[pdf]

▼関連本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5【明日放送】TBS「人間とは何だ…!? 健康・長寿の最新常識」
  6. 6認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  7. 7東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
  8. 8認知症進行、自宅で予防するアプリ
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10テロメアで認知症予防「遺伝子体質検査ドクターズ・アドバイス」
このページの
上へ戻る