運動・音楽・アロマ療法の組み合わせで軽度認知障害(MCI)の改善効果を

2016年2月14日

日本補完代替医療学会学術集会で発表

株式会社エクシングが手がける高齢者向けの音楽療養コンテンツ「健康王国」を用いた「運動・音楽・アロマ療法による軽度認知障害(MCI)の改善効果」についての臨床試験の結果が、2015年11月に石川県文教会館で開催された「第18回日本補完代替医療学会学術集会」において発表された。

この臨床試験は、公益社団法人虹の会、株式会社ライフサイエンス研究所、株式会社エクシング、および介護老人保健施設ハートケア市川との共同研究でおこなわれた。

軽度認知障害(MCI)を対象として、補完代替医療法「運動・音楽・アロマ療法」の有効性について予備的な検討をおこなうために実施。軽度認知障害の段階においては、補完代替医療法を組み合わせることで有効な結果がえられることが確認された。

老健施設の入居者9名を対象に実施

臨床試験は、2015年8月28日から9月18日までの計10回おこなわれたパフォーマンスのうち、その前日と初日、最後の2日間の計4回、「MoCAJ検査」「唾液中IgAコルチゾール」「αアミラーゼ」の項目について計測がおこなわれた。

パフォーマンス前日の試験では、老健施設の入居者14名に対してMoCAJのアセスメント検査を実施し、14~24点を取った男女合計9名(年齢65~95歳)をデータ分析の対象者とした。

「MoCAJ」は、日本語版軽度認知機能低下のスクリーニングツールで、注意機能、集中力、実行機能、記憶、言語、視空間認知、概念的思考、計算、見当識の多領域を約10分で評価。30点満点中26点以上を健常範囲としている。

パフォーマンスの内容は、「毎日健やかお口の体操」「頭スッキリひらめきクイズ」など能動的音楽療法と軽度運動療法、モーツァルトなど528Hzの音をふくむ音楽を聴く受動的音楽療法、かんきつ系ハーブで交感神経を刺激するアロマ療法を組み合わせたもの。

「MoCAJ検査」で4.6ポイントの改善

その結果、「MoCAJ検査」の平均点が18.3点から22.9点に4.6ポイント改善、唾液中の「分泌型IgA」の上昇も確認。とくに検査対象者のうちの3名には、健常者と同レベルの点数にまで改善されたことが認められた。

このことから、軽度認知障害の段階においては補完代替医療法の組み合わせによる有効性が確認された。エクシングでは、今後試験期間や対象者を広げ、症状ごとに効果的なコンテンツを充実させ、幅広い研究を続けていく方針だ。

(画像はプレスリリースより)

▼関連記事
10分間の電話でMCIがチェックできるテストはこちら

▼外部リンク
株式会社エクシング プレスリリース
健康王国
虹の会

▼関連本


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5【明日放送】TBS「人間とは何だ…!? 健康・長寿の最新常識」
  6. 6東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
  7. 7認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  8. 8認知症進行、自宅で予防するアプリ
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10テロメアで認知症予防「遺伝子体質検査ドクターズ・アドバイス」
このページの
上へ戻る