世界初の認知症本人によるワーキンググループ創立者の活動を紹介

2016年1月22日

世界初の認知症患者による自助組織

NHKの、「生きづらさ」を抱える全ての人に向けた福祉企画番組『ハートネットTV』では、1月26日・27日の両日、スコットランドの認知症ワーキンググループ創立者ジェームズ・マキロップさんの活動に寄り添った番組を放送する。

ジェームズさんの立ち上げたスコットランド認知症WGは世界初となる認知症本人によるグループで、社会の中で認知所患者の立ち位置を明解なものにし、認知所患者への偏見や差別を未然に防ぐと同時に、社会から疎外されがちになる認知症患者の地位向上にも貢献している。

前編・後編の放送内容

【シリーズ認知症 スコットランドから日本へ 対話の旅 前編/26日放送】では、今や行政の施策立案に参画するまでになったという認知症WGを考案したジェームズさんに密着し、氏とこれを見習って発足された日本認知症WGとの対話集会の模様などを伝える。(若年性アルツハイマーの当事者である丹野智文さんも出演予定)

続いての【同 後編/27日放送】では、NPO法人「認知症フレンドリージャパンイニシアチブ」との対話の様子や、ジェームズさん自らが地元の大学でトレーニングを行う姿を放送する。

番組の中では認知症患者本人や、それを取り巻く人々が、日常にどのような幸せを感じ、希望を見出して生きているのかを伝えることで、国内の認知症患者やそれに関わる全ての人たちに、新たな発見を生み出すきっかけを与えていく。

(画像はハートネットTV HPより)

▼関連記事
NHKハートフォーラム「認知症700万人 当事者が拓く新時代」開催

▼外部リンク
シリーズ認知症 スコットランドから日本へ 対話の旅 前編
シリーズ認知症 スコットランドから日本へ 対話の旅 後編


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  6. 6認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9超小型GPS端末&スマホで徘徊検知「パルモどっち君」発売
  10. 10【田平武先生インタビュー】第1回:認知症予防の今:脳のネットワー…
このページの
上へ戻る