【東畠先生の福祉用具コラム(第2回)】 車いすの利用

2016年1月19日

かつてない高齢社会を迎える日本。認知症高齢者が増え、多くの方にとって認知症ケアが他人事ではなく、自分事となる社会が迫っています。そんな中で、家族や介護者による認知症ケアをサポートし、認知症高齢者自身の「できること」を減らさないために手助けしてくれる存在として、今、福祉用具や支援機器に注目が集まっています。

このコラムでは、国際医療福祉大学大学院 准教授でいらっしゃる東畠弘子先生に、福祉用具の専門家の立場から、福祉用具や支援機器のいろはについて解説していただきます。第2回目の今回は、認知症高齢者にとっての車いすの利用についてお話いただきます。

認知症の方の車いす利用は特に注意

介護保険では様々な福祉用具が、1割の自己負担(所得により2割負担の人もいます)で借りることができます。その中でも利用の多いのが車いすです。利用者の中には認知症の人もおられます。

以前、私が福祉用具貸与事業所の福祉用具専門相談員に対して行った調査では、認知症高齢者の利用に関しては、ベッド柵に次いで車いすが事故やヒヤリハット(事故にはならなかったけれどひやりとした、はっとしたという経験)が多いという結果でした。

なかでも「車いすに乗ったまま急に立ち上がる」ことで転倒したり、転倒しそうになったというのが最も多くみられました。その他、自走式や電動車いすの利用で、「停止内で道路を進む」「タイヤをつかんで自走し、挟み込みそうになる」「行き先がわからなくなる」などがありました。

認知症の場合、ここがどこかわからない、今、車いすに乗っていることを忘れる、介助者が押している車いすで急に立ち上がると危ない、という場所や危険の判断や認識ができなくなります。車いすを選ぶときは、その人の状態に合ったものといわれますが 車いすでの心地の悪さが立ち上がるといった動作に表れているように、私には思えます。

利用するときは、安定性の良いものはもちろんですが、使用時の姿勢をリハビリ職種の方、あるいはシーティングという座ることの技術を取得した福祉用具専門相談員に見てもらうことをお勧めします。座り心地のわるい車いすに座るのは苦痛です。

車いすの中には、立ち上がると自動的にブレーキがかかる製品も発売されていますので、福祉用具専門相談員にお尋ねになるとよいでしょう。介助のときは、乗ります、おります、段差があるときは、ちょっとガクンとしますよ、など、適宜、話しかけてください。

参考文献)認知症の転倒予防とリスクマネジメント 日本医事新報社

東畠先生のプロフィール

国際医療福祉大学大学院 准教授
医療福祉経営学博士
厚生労働省「福祉用具における保険給付の在り方に関する検討会」委員
一般社団法人全国福祉用具専門相談員協会 理事

【主な著書】

▼外部リンク
認知症介護を支援する福祉用具レンタルの無料相談窓口

▼関連記事
介護保険制度について詳しくはこちら


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  4. 4ユマニチュードに関するアンケート調査を実施
  5. 5嗅覚を刺激して認知症予防!「においと認知症」の最新研究成果[PR…
  6. 6認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  7. 7生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9「うっかり」や「物忘れ」に悩む家族のための認知症セミナー開催(東…
  10. 10糖質だけじゃない脳と脂質の大事な関係!! 栄養士によるコレステロ…
このページの
上へ戻る