『介護という時間に意味をもたせていくために』 認知症ケアを考える

2016年1月18日

パーソン・センタード・ケアとは?

NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会では、認知症ケアに関わるさまざまな専門職の人を対象として、1月23日(土)、実践家のための研修会『介護という時間に意味をもたせていくために』を開催する。

パーソン・センタード・ケアとは、

「認知症をもつ人を一人の“人”として尊重し、その人の視点や立場に立って理解し、ケアを行おうとする認知症ケアの考え方」(ホームページより引用)

英国のトム・キットウッド氏が提唱したもので、業務中心のケアに対して、“人”中心のケアの重要性を訴えた。

「介護者という視点から認知症をみる」

今回講師をつとめるのは、都立松沢病院社会復帰支援室長の井藤佳恵氏。認知症の人を介護する家族への支援・指導に取り組んでいる井藤氏より、「介護者という視点から認知症をみる」ことについて講義をうける。

認知症ケア専門士としての活動を振り返り、認知機能障害にともなうさまざまな生活障害に対し、どのような支援を求められているか再認識する機会とする。

開催概要

【日時】2016年1月23日(土) 13:30~16:30
【会場】国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟409号室
【定員】70名
【参加費】一般:3000円/同NPO法人会員:2000円
【申込方法】NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会 研修案内ページより
【申込締切】2016年1月17日
【問合せ先】NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会

なおこの研修会に参加した場合、認知症ケア専門士単位が3単位取得できる。

▼関連記事
【東畠先生の福祉用具コラム(第1回)】 認知症の人の支援機器

▼外部リンク
NPO法人パーソン・センタード・ケアを考える会 研修案内

▼関連書籍


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 59/24 7:00~日テレ「所さんの目がテン! 朝市で認知症予防…
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7福祉の世界を体感、「TOKYO SOCIAL FES 2017」…
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  10. 10そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
このページの
上へ戻る