日清オイリオ、認知症予防に関する意識調査を実施

2016年1月6日

認知症予防に関する意識調査

12月17日、日清オイリオの「中鎖脂肪酸 認知症リスク対策プロジェクト」は、40歳以上の男女1,200人を対象に行った認知症予防に関する意識調査の結果を公表した。調査の背景にあるのは、日本の超高齢化が進み、2025年には認知症の患者数が700万人に達すると言われていることだ。

調査内容とその結果

まず、もの忘れやど忘れに関する調査をおこなったところ、8割ほどの人が物忘れなどに自覚症状があった。約56%の人が週に1度以上は体験しており、ドラマや映画のタイトルが最も思い出せない項目だった。

自身が「歳」を感じることがあるかについて調査すると、9割近い人が「歳かな」と思っていることがわかった。また、「あれあれ言葉」になることで最も歳を感じているという結果になった。

さらに、もの忘れやど忘れをすることがある954人を対象に、おとといの晩ごはんの内容を思い出せるかを調査したところ、思い出せないという人が3割にのぼっている。また、「現在の総理大臣のフルネーム」は、ほとんどの人が思い出せたが、「前任の総理大臣のフルネーム」は、4割近くの人が思い出せなかった。

日清オイリオの取り組み

日清オイリオは、40年以上にわたって中鎖脂肪酸という油脂成分の研究を続けている。中鎖脂肪酸は、一般的な植物油に含まれる脂肪酸よりも消化・吸収がはやく、エネルギーとなりやすい。

日本では、認知症の中でアルツハイマー型が最も多いといわれている。この原因が脳のエネルギー不足にあるのではないかと研究され、近年では、脳の代替エネルギーになるケトン体を体内で効率的に生産する中鎖脂肪酸が、認知症リスク対策の分野でも注目されている。

▼関連記事
>>>電話で10分!採血も必要ない手軽にできるMCI検査はこちら

▼外部リンク
日清オイリオ ニュースリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2科学に裏付けられた「ブレインHQ」の効果で会場を圧倒【ADI国際…
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4認知症に新たな治療の可能性、老化を抑え寿命を延ばす効果も
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  7. 7【明日放送】NHK きょうの健康 『防げ!認知症最新情報「予備群…
  8. 8アミロイド仮説を覆す新しいアプローチのサプリを販売開始
  9. 9たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  10. 10日本初の認知症・介護予防スロット台
このページの
上へ戻る