認知症最新ニュース

若年性認知症患者とその家族のドキュメンタリーを放映

2015年12月19日

ここに花は咲いて ~若年性認知症 介護と支援の狭間で~
周囲の理解や適した福祉サービスが得られずに苦しむ若年性認知症患者とその家族。彼らの苦悩と支える人々の姿を通し、記憶の限り“人として”生きたいと願うその思いに迫る。


社会の高齢化が進む中、高齢者の認知症患者も増加傾向で460万人と推定されている。それに伴い医療や介護、行政などの取り組みは進んでいるが、その一方で認知症の中には、周囲の理解や適した福祉サービスが得られずに苦しんでいる人たちがいる。それは若年性認知症患者とその家族だ。

65歳未満の働き盛りで発症するため、心理的・経済的影響が大きい病で、全国に3万7800人、山形県内には300人いると推定されている。米沢市に住む佐藤洋一さん、55歳。40代後半から物忘れなどの“異変”が出始め、2年前に若年性アルツハイマーと診断される。その間、これまでと違う自分に戸惑い、仕事もできない状態に。佐藤さんは「自分は死んだ。人生を諦めた」とその頃を振り返る。

しかし、医療、介護、自立支援…様々な人との出会いから、再び、彼の人生は前に動き出す。佐藤さんが経験した苦悩や現在の生活、また、周囲で懸命に支える人たちとのやり取りから、若年性認知症を患った人たちの思いを取材。記憶の限り“人として”生きたいと願う彼らの思いに迫った。

■番組詳細
【番組名】『第23回FNSドキュメンタリー大賞』ここに花は咲いて ~若年性認知症 介護と支援の狭間で~(制作:さくらんぼテレビ、放送:BSフジ・181)
【放送日時】2015/12/20(日)27:00~27:55
 >>>第23回FNSドキュメンタリー大賞(外部リンク)
【出演者】小山茉美
(画像は公式サイトより)

▼関連記事
若年性認知症とは
認知症早期発見テスト


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1カマンベールチーズにアルツハイマー型認知症を予防する効果あり! …
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3【明日朝放送】サタデープラス 歌って認知症予防「歌トレ」
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  5. 52月11日(土) 放映「ジョブチューン」で認知症予防に注目の食べ…
  6. 6コリンで認知機能を維持し、健康寿命をのばそう![PR]
  7. 7認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  8. 8コップ1杯弱の牛乳や乳製品摂取で認知機能低下抑制の可能性
  9. 9さまざまな種類のある介護施設・サービスをうまく活用するためには[…
  10. 102/19 桂文枝によるアルツハイマーが題材の創作落語放送
このページの
上へ戻る