徘徊高齢者の早期発見に!GPSを使用した「いまどこちゃんサービス」

2015年12月11日

株式会社やさしい手

株式会社やさしい手では、GPS端末の位置情報を活用した「いまどこちゃんサービス」の提供を開始した。株式会社やさしい手は、福祉用品の貸与や販売、訪問介護をおこなう会社。
「いまどこちゃんサービス」は、NTTドコモ回線を使用し、位置情報を通知する小型GPS単端末をレンタルして日常生活をサポートするサービスだ。

「いまどこちゃんサービス」とは

同サービスは、徘徊高齢者の早期発見や、位置情報把握などによる安否確認を目的としたもの。日中独居となっている高齢者世帯への支援の一環として、小型GPS端末を活用する。

基本サービスは「小型GPS端末のレンタルサービス」と「小型GPS端末による位置情報サービス、ステータス通知、エリア通知、専用サイトの提供や5カ所へのメール通知設置」などだ。

レンタルした小型GPS端末は、専用のケアシューズに収納でき、家族は、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどから専門サイトにアクセスし、位置情報を確認することが可能だ。

小型GPS端末の音を鳴らすこともでき、「音」による早期発見の支援もおこなえる。

オプションサービスとして、「電話による問い合わせ」や「充電残量お知らせサービス」などもある。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
GPSから位置情報の提供を行う生活支援「いまどこちゃんサービス」提供開始について

▼関連記事
認知症による徘徊


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1そーせいグループ、アルツハイマー病等の新薬を開発中
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  6. 6今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  7. 7パーキンソン病治療剤「トレリーフ」、効能を追加申請
  8. 8米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  9. 9今週の認知症関連NEWSまとめ[9/22]
  10. 10認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
このページの
上へ戻る