アルツハイマー病の66%は肥満、高血圧、うつ病、などが関連

2015年9月4日

アルツハイマー病の66%は肥満、高血圧、うつ病、などが関連

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のJin-Tai Yu 氏らの研究グループは、8月20日の「Journal of Neurology, Neurosurgery& Psychiatry」オンライン版で、生活習慣における9つの要因がアルツハイマー病に寄与している可能性があることを発表した。

その9つとは、肥満(特に中年期の高BMI/肥満指数)、頸動脈疾患、高血圧、うつ病、脆弱性、教育水準の低さ、ホモシステイン値の高さ、喫煙(アジア人のみ)、糖尿病で、複雑な統計解析により世界のアルツハイマー病の66%はこの9因子が関連していることが判明した。

なお、研究で認められたのは、あくまで相関性のみで、特定の因子とアルツハイマー病リスクとの因果関係ではないことから、1つの因子を解消することによりアルツハイマー病の予防効果がどの程度得られるかを判断することはできないとしている。

少量または適度の飲酒、喫煙などにもリスク低減効果が認められる

今回の研究では1968年~2014年の期間に計5,000人以上を対象に実施されたアルツハイマー病のリスクをもたらす可能性がある93因子についての研究成果323件の調査が行われた。

その結果、リスク低減のエビデンスが得られたのはコーヒー、ビタミンCおよびE、葉酸、NSAIDS(抗炎症薬)、スタチン(コレステロール低下薬)、血圧降下薬、エストロゲン補充で、少量または適度の飲酒をする人、現喫煙者(アジア人を除く)、ストレスを抱える人、ボディマスインデックスの高い高齢者についても同様の効果が認められている。さらに、関節炎、心疾患、メタボリック症候群、がんなどの重篤疾患を抱える患者もリスクが低いようであったとしている。

なお、米ロチェスター大学(ニューヨーク州)のAnton Porsteinsson氏は、血圧、コレステロール、運動などに気を配ることは有益ではあるが、錠剤や栄養補助食品、単一の薬剤を用いるなどの短絡的な方法には効果の裏付けがなく、おそらくリスクは低減できないだろうとしている。


▼外部リンク
Journal of Neurology, Neurosurgery& Psychiatryホームページ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  2. 29/26 19:00~ テレ朝「たけしの家庭の医学」、脳を若返ら…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  7. 7認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  8. 8認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  9. 9「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  10. 10パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
このページの
上へ戻る