高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは!? [PR]

2015年8月21日

増える高齢者の事故!その原因となる「白質病変」とは

近年、ニュースでも大きく取り上げられている高齢者による事故。高齢者というと、事故の被害者となるイメージが大きかったが、最近では加害者になるケースも増加している。 その中でも多く見られるのが、ハンドル操作のミスや、アクセルとブレーキを間違えるといった運転能力の低下によるものだ。

imasia_12923559_S

高齢になると、若いときに比べ動作が遅くなったり、視野が狭くなったりと、運転に支障をきたす要因は増えるものだが、高齢者の運転能力の低下に大きく関わるとして注目されているのが「白質病変」だ。白質病変は、脳の循環障害で、加齢によって動脈硬化が進行し、脳の血流が悪くなることで起こる。

部分的に血液が行き渡らなくなることによって脳の一部が変性し、変化が生じるもので、高齢になれば誰でもなりうる。そのため、海馬や前頭葉に異常がないのであればそれほど心配ないとされているが、ある研究によれば、左右の脳に軽度の白質病変が見られる人の交差点事故のリスクは、病変が見られない人に比べ3.36倍であることがわかっており、特に交差点での事故の比率が高いため、運転の際は十分に注意が必要と言える。

白質病変は認知症の危険性も高める

さらに白質病変は、重症化すると、脳卒中やそれにともなう脳血管性認知症のリスクが高まるとされている。

脳血管認知症とは、アルツハイマー型認知症に次いで多いとされている認知症で、発症すると、集中力の低下や感情失禁、意欲低下などの症状が現れる。急に症状が悪化することも多く、悪化を防ぐために定期的な診察やリハビリが必要となる。

白質病変予防に「コリン」が有効!?

ボストン大学で行われたある調査で、ビタミン様物質である「コリン」と白質病変の関連性が明らかとなった。コリンは、神経伝達物質であるアセチルコリンのもととなる体内でもつくられる物質だが、それだけでは不十分なため、食べ物などからの摂取が重要だ。コリンの十分な摂取はアルツハイマー型認知症の予防になるとされている。

imasia_14346315_S

また今回行われた調査では、日常生活においてコリンを十分に摂取していたグループとそうでないグループのMRI画像を解析した結果、コリンを十分摂れていなかったグループには、白質病変が多く見られたのである。一方、十分に摂取していたグループは、そうでなかったグループに比べ、記憶力や思考力の衰退が緩やかな傾向にあることもわかった。これにより、コリンの摂取は、アルツハイマー型認知症予防だけでなく、白質病変でリスクが高まるとされる脳血管性認知症の予防にも有効と考えられるだろう。

コリンの摂取には、卵黄やレバー、緑黄色野菜、大豆といったコリンを多く含む食品を積極的に摂ることが必要だ。しかし、普段の食事だけでは十分な量を摂取できないこともあるため、健康食品などを上手く取り入れ、しっかり摂取するのがおすすめだ。

認知症ねっとのおススメは、コリンを手軽に摂取できる商品飲料「アルツパンチ」。1本で、コリン125mg(大豆なら200g=670粒分、納豆なら10パック分相当)を補うことができる。1箱(30本入)の通常価格 5,994円(税込)を今だけ半額でご提供。毎日1本、これからの健康ライフに取り入れてみてはいかがだろうか。


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1明日放送!「世にも奇妙な物語」認知症の亡き妻の記憶と二人暮らし?
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  4. 4今週の認知症関連NEWSまとめ[4/27]
  5. 5東邦大、アルツハイマー病と女性ホルモン、やせすぎとの関係を報告
  6. 6国際アルツハイマー病協会国際会議 京都で開催中
  7. 7【明日放送】NHKごごナマで、認知症のユニークな予防法を紹介
  8. 8介護の現場 入居者の意思を尊重し「できること」を探す[PR]
  9. 9認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
  10. 10医療・介護施設の徘徊対策に!少ない人手で効率的に守る「顔認証シス…
このページの
上へ戻る