99名の認知症サポーター誕生! マッサージに行っても安心

2015年8月1日

北海道鍼灸マッサージ柔整協同組合のセミナーで

北海道鍼灸マッサージ柔整協同組合は、夏期セミナーで、99名の認知症サポーターが誕生したことを7月27日に発表した。

さっぽろ慈啓会慈啓会特別養護老人ホームの在宅福祉課課長である、干場有理子氏が講師を務め「札幌市認知症サポーター養成講座」を行い、受講者には、サポーターのあかしであるオレンジリングが配布された。

これから増加する認知症患者の対応に

このセミナーは、7月12日に開催された。認知症サポーターは、国の認知症普及啓発活動の一つで、90分程度の講習を受講することで、取得ができる。主に認知症の症状や対応方法を学ぶ。

北海道では、認知症患者が6月末で240,000人を超えた。これから、認知症患者が増えることも踏まえ、今回のセミナーの開催となった。鍼灸、マッサージ、柔整には、高齢者が治療を受けに来ることも多く、認知症患者が治療に来ても、正しい知識で対応することができる。

また、認知症サポーターの養成は、認知症サポーターキャラバンが推進している。

認知症サポーターキャラバンが応援

認知症サポーターキャラバンは、全国で認知症サポーターを養成している。認知症になっても安心して暮らせる環境を目指している。自治体や企業、団体などと協力し、認知症サポーター養成講座の講師を養成し、認知症サポーター養成講座を開催している。

▼関連記事
>>認知症サポーター制度についての詳細はこちら

▼認知症・MCIの早期発見と予防は

▼外部リンク
北海道鍼灸マッサージ柔整協同組合 新着情報


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10ナガセ ビューティケァ 、発酵オタネニンジンで認知症抑制を研究
このページの
上へ戻る