認知症最新ニュース

運転時にこんな失敗ありませんか?!知っておきたい、「コリン」による健康生活 [PR]

2015年7月24日

認知症原因で失敗することの多い運転行動
最近、運転するとき、こんなことはないだろうか…

1. センターラインを越える
2. 路側帯に乗り上げる
3. 車庫入れ(指定枠内への駐車)に失敗する
4. ふだん通らない道に出ると、急に迷ってしまう
5. ふだん通らない道に出ると、パニック状態になる
6. 車間距離が短くなる 

上の6項目の運転状況は、年をとっただけで増えてくる失敗というわけではなく、認知症のために、さらに起こりやすくなる失敗である。
1つでも繰り返して起こすようなときは、交通事故を起こす確率が高く、危険であることを示すサイン。(国立長寿医療研究センター【認知症高齢者の自動車運転を考える「家族介護者のための支援マニュアル」】より)

高齢化による認知機能の低下が事故につながる
近年交通事故の総発生件数が減少傾向となっている一方で、65歳以上の高齢ドライバーによる交通事故件数は増加の傾向である。原因の一つとして社会全体が高齢化していることに加え、高齢化による認知機能の低下の影響が指摘されている。

imasia_13952551_S

車の運転には、運動能力に加え、判断力、空間認識力、記憶力、視力、聴力などさまざまな能力が必要とされる。これらの能力は、加齢に伴って低下し、若い頃と同じ感覚で運転できなくなる。さらに認知症が加わると、事故の危険度はさらに高まる。

改正道路交通法では、75歳以上の高齢者に対する運転免許制度が見直され、免許更新時に認知機能検査が義務化された。記憶力や判断力などの簡単な検査で、受検者を3段階に分類。「認知症の恐れ」があれば、交通違反の有無にかかわらず受診義務が生じる。医師に認知症と診断されれば、免許取り消しや停止の対象となる。

さらに、「認知機能が低下している恐れがある」もしくは「低下している恐れがない」場合も、その後に一定の違反をすれば、臨時の認知機能検査が義務づけられる。

早くからの認知機能対策を!
独居、近くに交通機関がないなど、生活の必要にせまられて運転を続けている高齢者も多い。特に地方に住んでいる高齢者は普段から車を使用しているため、いきなり運転できなくなることによる生活への影響は大きい。

また、車を単なる移動手段としてだけでなく、生きがい、楽しみの一環として考えているケースもある。出来るだけ自立した生活を送るためにも、認知機能を保持し続けることが大切となってくる。

imasia_15446913_S

自立した生活を長く送るためにも、睡眠、運動、食事面で早くからの認知機能対策が必要だ。認知症の中で最も多いアルツハイマー型認知症の原因は、アセチルコリンの減少だと言われている。最近注目の栄養素「コリン」は、アセチルコリンのもとになるため、記憶力や集中力の向上に効果があると考えられている。

コリンを摂取すると、体内でアセチルコリンに変換されるため、認知機能維持に効果があると考えられている。記憶力の低下や判断の遅れなど、脳の衰えを防ぐために、コリンの摂取を毎日の食習慣に取り入れてみてはいかがだろうか。

認知症ねっとおススメ

●1本で、コリン125mg(大豆なら200g=670粒分、納豆なら10パック分相当)を補給!
>> 商品の詳細はこちら <<
期間限定価格! 1箱(30本入)の通常価格 5,994円を今だけ半額でご提供!


▼関連記事
コリンの認知機能維持効果とは


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは[PR]
  3. 3【認トレ教室レポート】話題の脳トレ「ブレインHQ」を体験!@イオ…
  4. 4カマンベールチーズにアルツハイマー型認知症を予防する効果あり! …
  5. 5コリンで認知機能を維持し、健康寿命をのばそう![PR]
  6. 6カフェイン摂取が認知症治療に役立つ可能性(インディアナ大学)
  7. 7【脳エクササイズ】世界で初めて認知症リスク半減効果が実証される
  8. 8NHKスペシャル シリーズ「私たちのこれから」認知症社会
  9. 9楽しみながら症状緩和!認知症における音楽療法の効果とは【第35回…
  10. 10【20組40名様ご招待】映画「八重子のハミング」試写会招待券プレ…
このページの
上へ戻る