ヒヤリハット防止! 『認知症の方に特化したリスクマネジメントセミナー』開催

2015年7月17日

ヒヤリハット防止と効果的なケアの具体策

日本通所ケア研究会では、東京・横浜・名古屋において『認知症の方に特化したリスクマネジメントセミナー』を開催する。特別養護老人ホーム和泉サナホーム施設長の結城拓也氏を講師にむかえ、介護職はもちろん認知症の人の家族や介護者など興味のある人はだれでも参加できる。

認知症の人を家庭で介護している際、あるいは施設などで介護の仕事についている時、ヒヤリとしたり、ハッとしたりした経験はないだろうか。「日常の行為がだんだん難しくなってきた」「いつも転倒しそうで目が離せない」など、現場では、認知症の人のリスクにどう対応すればよいか、悩みはつきない。

今回の講演では、リスク削減だけに着目するのではなく、認知症本人の想いを踏まえたケアのあり方、認知症の人の生活を支える中でのリスク対策の大切さを学ぶ。

実例を踏まえたワークショップも開催

講師の結城拓也氏は、介護支援専門員・社会福祉士・認知症介護指導者の資格を持ち、管理者兼相談員として、長年介護の仕事に従事。講演の内容は、「認知症ケアの現場で効果の上がるヒヤリハット活動」「認知症の方の転倒に対する効果的な対策と対応」について。

まずチームケアでの相手に伝わりやすい書類の書き方や伝え方を学び、認知症の人の日常生活におけるリスク、リスクマネジメント活動に関わるヒヤリハット活動、在宅ケアにおけるリスクマネジメントの視点について学習する。実例を踏まえたワークショップも開かれる。

また「認知症の方の転倒に対する効果的な対策と対応」については、ケアを導くために必要な事、転倒予防のためのケアの工夫、転倒に関わる効果的なヒヤリハット活動について学び、施設内における空間のしつらえの工夫前と工夫後の違いを比較するなど、実践をまじえた解説がおこなわれる。

開催概要

東京・横浜・名古屋各会場とも、定員80名、参加費8000円(税・資料代込)となっている。問合せ先は日本通所ケア研究会(電話:084-971-6686)、申し込みはセミナー案内ページへ。会場は以下の通り。

【東京会場】2015年9月26日(土)10:00~15:00
場所:貸会議室 内海 (東京都千代田区三崎町3-6-15)
【横浜会場】2015年10月31日(土)10:00~15:00
場所:横浜市水道会館 (横浜市保土ヶ谷区宮田町1-5-7)
【名古屋会場】2015年12月5日(土)10:00~15:00
場所:名古屋IMY (愛知県名古屋市東区葵3-7-14)

(画像は日本通所ケア研究会 セミナー案内より)

▼認知症・MCIの早期発見におすすめは

▼外部リンク
日本通所ケア研究会 セミナー案内
日本通所ケア研究会


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5地中海料理を元にした「マインド食事法」は、アルツハイマー型認知症…
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る