認知症予防で話題!油ドクター監修の「えごま油で健康になる!」発刊。

2015年7月9日
えごま油で健康になる!

『えごま油で健康になる!』

ムック本 『えごま油で健康になる!』が、6月19日、洋泉社より刊行された。著者はフードコーディネーターの渥美真由美氏。監修 慶應義塾大学医学部教授 井上浩義氏。

アルファ-リノレン酸

えごま油は、数ある食用油のなかでも圧倒的にアルファ-リノレン酸の含有量が高い。人間は1日約2gのアルファ-リノレン酸の摂取が必要とされており、栄養学では必須脂肪酸となっている。

その効果は、認知症・脳梗塞・心筋梗塞の予防、悪玉コレステロール値の低下、血液と血管の質を高めるなど多岐にわたる。今、アルファ‐リノレン酸のパワーは、脳や心臓を守る油として注目を集めている。

「油ドクター」井上浩義教授の監修

同書の監修をつとめるのは、テレビ番組でえごま油を紹介し、大人気となった「油ドクター」井上浩義教授。テレビでは、えごま油摂取後の脳が活性化したことをしめす実験データを紹介し、話題となった。

ここでは、認知症を予防するための効果的なえごま油の取り入れ方として、毎日の摂取量の目安や基本知識を解説。それをもとに渥美氏が、毎日の食事の中でアレンジしやすくておいしいレシピを紹介してくれる。

61種の「えごま油」レシピ

加熱はどこまで大丈夫? 効果的な取り入れ方は? まずは「かけるだけ」「まぜるだけ」から始まる簡単レシピ。おかずでのバリエーションはもちろん、お年寄りも大好きなおやつレシピもたっぷり掲載されており、認知症ねっと編集部も大満足の内容だった。

『えごま油で健康になる!』は、脳と身体を健康で若々しく保ち、認知症に負けないための「えごま油」61種のレシピがつまった楽しい1冊となっている。定価1200円(税別)。

▼購入はこちらから

▼外部リンク
渥美真由美ブログ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 18/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7認知症進行、自宅で予防するアプリ
  8. 8若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  9. 9BCC社のレクカフェモデル事業、日本財団等の支援受ける
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る