2030年には“ゲーム”が認知症予防に推奨? -OGC2015より

2015年4月29日

ゲーム産業イベントから思わぬ認知症予防の予想が

OGC2015は、一般社団法人ブロードバンド推進協議会が主催し4月24日に開催されたゲーム産業のイベントだ。ゲーム業界の今後について、様々な分野から講師を招いてトークセッションが行われたという。

その中の特別トークセッションで、“ゲームが認知症予防に応用される”と論じたのは、角川ゲームズ社長でフロム・ソフトウェア会長の安田善巳氏だ。同氏は認知症予防に関する興味深い展望を示している。

「誰でも集中力を保ちながら直感的に楽しめる」のがポイント

同氏が予想・展望の焦点をあてたのは、15年後の2030年。スマートフォンの普及により、ゲームの存在が普遍的になり、ゲーム産業の技術が広く応用される時代がくるというのだ。

この技術・ノウハウをすでに応用している分野として、同氏は教育と医療をあげている。応用しているのは、ゲームが持つ“直感的に楽しく遊べる”ことや“集中力と持続力が養われる”という性質だ。

認知症予防には「散歩」「カラオケ」そして「ゲーム」に?

“ゲーム”が生活空間に広く応用されることは、スマートフォン普及や教育現場でのタブレット端末導入など、現在の15年後を考えるとむしろ自然なことなのかもしれない。

これから先、医療分野との共同により認知症予防を目的とした「ゲーム」が開発され、その予防効果が発揮される時代に期待したい。

▼外部リンク
BBA モバイルブロードバンドフォーラム :プレスリリース 
OGC2015 : 一般社団法人ブロードバンド推進協議会


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5地中海料理を元にした「マインド食事法」は、アルツハイマー型認知症…
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る