「介護職のための認知症と理解とターミナルケアへの関わり方」開催【横浜市】

2015年4月14日

認知症の知識を再度学ぶ

公益社団法人かながわ福祉サービス振興会は「介護職のための認知症と理解とターミナルケアへの関わり方」と題したセミナーを5月14日に開催するという。

認知症に関する知識のおさらいも

今回の講座では、認知症の方を介護する基本的な理念や、知識を学びなおすほか、認知症の人がどのようなことを感じているのかなどを理解し、認知症の人に対し、どのようなコミュケーションをとればよいかなどを知る。

他にも、実際の事例から認知症の人を家庭で看取るということや、看取ることからわかる人材育成についても説明する。

講師は防衛医科大学校病院勤務の看護師、安西順子氏。安西氏は2004年に「宅老所・デイサービスひぐらしのいえ」で共生ケアをはじめたほか、高齢者・障害者長期滞在型の「ひぐらし荘」を2007年に、またデイサービス「となりんち」を2008年に開所している。

セミナーの詳細

会場は横浜市港南区のウィリング横浜。日程は2015年5月14日10時から16時まで。参加費は一般10,000円、振興会会員は8,000円となっている。

参加は予約制で、ホームページからも申し込めるほか、受講申込書をFAX、郵送でも受付をしている。

(画像はプレスリリースより)

▼認知症関連おすすめ書籍

▼外部リンク
介護職のための認知症と理解とターミナルケアへの関わり方


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5地中海料理を元にした「マインド食事法」は、アルツハイマー型認知症…
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る