認知症ガイドブック「認知症!?こんなときどうしよう・・・」作成【横浜市旭区】

2015年4月6日

自治体で作成 認知症支援情報

横浜市旭区は、認知症ガイドブック「認知症!?こんなときどうしよう・・・」を作成した。現在、旭区内の認知症患者は6232人で、65歳以上になると9.34%に症状が現れるという。

旭区は、徘徊している認知症患者を保護する「旭区徘徊SOSネットワークシステム」に取り組んでいる。2月からは、徘徊情報メールを配信して、徘徊している認知症患者の情報を提供して、保護をしている。

認知症支援情報を小冊子に

「認知症!?こんなときどうしよう・・・」では、相談窓口、受診先、介護者の会などの情報が提供された。認知症になってしまった場合、どこへ相談すれば良いのか?自分や家族の将来に備えて情報を知りたいなど、認知症の情報を提供している。

また、受診するときに医師に伝えるポイントも記載されているため、患者やその家族が、医師へ症状を伝えやすくなる。他にも、どのような介護保険サービスを受けることができるかも、わかりやすく記載された。

ほっとサロンや家族会など、認知症患者やその家族が参加できる会も紹介されているので、同じ悩みを抱えている人が情報交換や交流をすることができる場所なども紹介している。

旭区内の団体や機関が協力

今回のガイドブックは、医師会をはじめ、認知症対応型共同生活介護事業者など、多くの関係機関が協力して作成した。イラストを増やすなど、わかりやすい冊子を意識して作成。

ガイドブックは、区役所をはじめ、地域ケアプラザなどで配布されている。

▼認知症関連おすすめ雑誌

▼外部リンク
横浜市旭区ホームページ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 59/24 7:00~日テレ「所さんの目がテン! 朝市で認知症予防…
  6. 6神奈川県大和市、タブレットで認知機能を検査
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  9. 9福祉の世界を体感、「TOKYO SOCIAL FES 2017」…
  10. 10趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
このページの
上へ戻る