認知症に対するWHO会合で開催。「世界的な認知症に関するフレームワーク」設立

2015年3月22日

認知症に対する世界的な会合開催される

スイスのジュネーブで3月16日・17日、世界保健機構の主催で「認知症に対する世界的アクションに関する第1回WHO大臣級会合」が開催された。

80にも及ぶ加盟国のほか、団体や学会、NGOが参加し、合計で約400人集まったという。

日本の取り組みも紹介

日本からは、原勝則厚生労働審議官が出席し、日本における取り組みの紹介を行った。

日本では現在462万人の認知症患者がおり、2025年には約700万人に到達すると予想されていることや、認知症の人を支えるだけではなく、認知症状を持ちながらも、よりよい生活が行えるように見守っていくことが大事だと考えているという事実をまず、説明した。

そして、日本では認知症サポーターの養成プログラムを実施しており、すでに講座を修了した人は580万人にのぼるということを紹介。

また、ICTやロボットを活用した、ケアやリスク軽減の方面においても、日本は世界に寄与できるとアピールを行った。

世界的な認知症に関するフレームワークも決定

そのほか、参加国や団体らがコミットメントを発表し、「世界的な認知症に関するフレームワーク」がとりまとめられた。

このフレームワークは「ケア」「治療」「リスク軽減」「権利」「リーダーシップ」「開かれた科学とデータ」「研究」の7つの柱からなっている。

各国や各団体は今後、まとめられたコミットメントに照らし合わせながら、認知症対策を行っていくという。

そして、同フレームワークは随時、よりよい方向へ手直しをしていくとのことだ。

(画像は厚生労働省ホームページより)

▼外部リンク
「認知症に対する世界的アクションに関する第1回WHO大臣級会合」で「アクションの呼びかけ(Call for Action)」が発表


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 18/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  7. 7認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  8. 8「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  9. 9認知症進行、自宅で予防するアプリ
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る