筑波銀行が「認知症サポーター養成講座」を地域住民向けに開講【茨城】

2015年3月12日

茨城県内の4店舗で実施

株式会社筑波銀行は、一般の人を対象とした「認知症サポーター養成講座」を開催する。同社が手がける地域貢献活動の一つとして行われ、参加者は認知症についての正しい知識を身につけることができる。

3月9日に筑波銀行県庁支店、3月10日に那珂支店、3月12日に水海道支店、16日に鹿嶋支店で実施予定。開催時間はどれも17:00~18:30、受講料は無料。定員はいずれも30人、申し込み先着順となっている。

県と連携して認知症の啓発活動などを展開

筑波銀行は平成24年に、茨城県と「認知症普及啓発企業連携事業協定」を締結。地域全体で認知症患者を見守り、本人や家族が安心して暮らせる地域社会づくりを目指している。

認知症の啓発のため、認知症サポーター養成講座を開催。さらに店頭やATMコーナーにおいて、ポスターの掲示やチラシ配布なども行っている。

昨年11月には社内においても行員向けに「認知症サポーター養成講座」を実施。高齢世帯への訪問を行っている行員ら約100人が参加し、認知症患者への対応やサービス向上などを学んだ。

(画像は筑波銀行のホームページより)

▼認知症関連おすすめ雑誌

▼外部リンク
筑波銀行/「認知症サポーター養成講座」開催のお知らせ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る