重度のうつ病は、アルツハイマー型認知症発症のリスクが「3.59倍」との調査結果

2015年2月15日

スペインの研究グループの報告

老年精神医学の専門誌「The American Journal of Geriatric Psychiatry」の2月号において、スペインの研究グループが、「重度のうつ病はアルツハイマー病発症のリスクが3倍以上になる」という報告を掲載した。

55歳以上の3864人を追跡調査

調査は、「認知症およびうつ病に関するサラゴサ・プロジェクト」(ZRADEMP Project)の一環として実施された。

研究対象となった55歳以上の4803人のうち、認知症の症状のなかった3864人について、2.5年後と4.5年後の2度にわたって認知症発症の有無に関する追跡調査がおこなわれた。

70人がアルツハイマー病を発症

調査を開始した当初、うつ病があると診断された人は452人で、全体の11.7%。このうちの16.4%が、重度のうつ病であった。さらに追跡期間中、70人がアルツハイマー病を発症したことがわかった。

その結果、重度のうつ病であった人は、うつ病を発症していなかった人とくらべ、アルツハイマー病を発症する割合が、3.59倍もあることが明らかとなった。

このことからうつ病は、さまざまな条件を考え合わせても、アルツハイマー病のリスクを増大させるという結論がえられた。

うつ病とアルツハイマー病発症の関連性を考えると、早期のうつ病対策とその治療法の確立が望まれる。

▼外部リンク
The American Association for Geriatric Psychiatry
The American Journal of Geriatric Psychiatry


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5メットライフ生命、「#老後を変える」キャンペーン開始
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  8. 8今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  9. 9パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
  10. 10認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
このページの
上へ戻る