重度のうつ病は、アルツハイマー型認知症発症のリスクが「3.59倍」との調査結果

2015年2月15日

スペインの研究グループの報告

老年精神医学の専門誌「The American Journal of Geriatric Psychiatry」の2月号において、スペインの研究グループが、「重度のうつ病はアルツハイマー病発症のリスクが3倍以上になる」という報告を掲載した。

55歳以上の3864人を追跡調査

調査は、「認知症およびうつ病に関するサラゴサ・プロジェクト」(ZRADEMP Project)の一環として実施された。

研究対象となった55歳以上の4803人のうち、認知症の症状のなかった3864人について、2.5年後と4.5年後の2度にわたって認知症発症の有無に関する追跡調査がおこなわれた。

70人がアルツハイマー病を発症

調査を開始した当初、うつ病があると診断された人は452人で、全体の11.7%。このうちの16.4%が、重度のうつ病であった。さらに追跡期間中、70人がアルツハイマー病を発症したことがわかった。

その結果、重度のうつ病であった人は、うつ病を発症していなかった人とくらべ、アルツハイマー病を発症する割合が、3.59倍もあることが明らかとなった。

このことからうつ病は、さまざまな条件を考え合わせても、アルツハイマー病のリスクを増大させるという結論がえられた。

うつ病とアルツハイマー病発症の関連性を考えると、早期のうつ病対策とその治療法の確立が望まれる。

▼外部リンク
The American Association for Geriatric Psychiatry
The American Journal of Geriatric Psychiatry


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 58/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  6. 6認知症進行、自宅で予防するアプリ
  7. 7シリーズ「認知症に寄り添う人々」ダイジェスト
  8. 8認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  9. 9認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  10. 10東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
このページの
上へ戻る