佐倉市「認知症サポーター養成講座」開催 受講者にはオレンジリングを

2015年2月11日

講義と懇談会

千葉県佐倉市では千代田地区社会福祉協議会の主催により、2月28日、「認知症サポーター養成講座」を開催する。認知症の症状、予防、対応のポイントなどの講義をうけ、「認知症の人を地域で支えるために」をテーマとした懇談会が開かれる。

【日時】2月28日(土) 午後1時~3時
【場所】老人憩の家千代田荘(千葉県佐倉市生谷1306)
【受講料】無料
【申込方法】2月24日(火)までに 千代田地区社会福祉協議会へ(電話:043-461-5641)

オレンジリングは認知症サポーターの目印

厚生労働省では、2005年4月より「認知症を知り地域をつくる10カ年」のキャンペーンを開始した。その一環として「認知症サポーターキャラバン」を立ち上げ、地域で暮らす認知症の人やその家族を見守る応援者として、認知症サポーターを養成する取り組みを始めた。

認知症の人や認知症の人を介護する家族にとって、周囲の人の温かい見守りは、心の支えとなる。日常生活の中で認知症の人と出会ったとき、その人の尊厳を損なうことなく、いかに適切な対応ができるかは、とてもたいせつなこととなる。

受講者全員に配られるオレンジリング(ブレスレット)は、認知症の人やその家族へのサポーターであることの目印。認知症サポーターは、自身のみでなく、周囲の人たちの偏見や誤解をなくし、認知症になっても尊厳をもって地域で暮らせるように手助けをすることができる。

出前講座も実施

佐倉市では今回の講座以外にも、佐倉市内に在住、在勤、在学している人を対象に、受講者を募集している。個人で参加を希望する人は、「認知症サポーター養成講座開催予定」を、ホームページや「こうほう佐倉」にて確認を。

また、佐倉市内の町内会、学校、商店街、職場、有志の集まり(10名以上)などには、出前講座も実施している。日時・会場を決め、高齢者福祉課へ申し込む(電話:043-484-6138)。詳しくは、佐倉市ホームページへ。

▼外部リンク
佐倉市「認知症サポーター養成講座」


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10ナガセ ビューティケァ 、発酵オタネニンジンで認知症抑制を研究
このページの
上へ戻る