エーザイ「レビー小体型認知症介護ガイドブック」など冊子を2冊公開

2015年2月12日

「知っていますか?認知症のこと」も合わせて読みたい

公益社団法人日本認知症グループホーム協会のサイトにおいて、エーザイ株式会社が作成した冊子「レビー小体型認知症介護ガイドブック」「知っていますか?認知症のこと」が1月27日に公開された。

どちらも横浜市立大学名誉教授の小阪憲司氏が監修を担当。レビー小体型認知症の第一人者でもある同氏が、一般の人にも分かりやすく解説している。冊子と同様の内容は、エーザイ株式会社が運営する認知症の情報サイト「相談e-65.net」においても閲覧可能だ。

「知っていますか?認知症のこと」では、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、血管性認知症を取り上げ、原因や症状、家族の対応のポイントなどを紹介している。

症状に合わせた介護のコツなども紹介

「レビー小体型認知症介護ガイドブック」では、介護の基本、症状と適切な対応、家族を支える会の紹介など、患者を支える介護者にとって必要な情報が網羅されている。

アルツハイマー型認知症ではもの忘れや徘徊などの症状が起こりやすいが、レビー小体型認知症では幻視や寝言が現れるなど、違いがみられる。症状によって適切な介護の仕方も変わってくるため、注意が必要だとしている。

同書によれば、患者に幻視の症状が現れたときに「錯覚だ」などと強く否定せず、「悪さはしないから大丈夫」と安心させる声かけが重要。適切な介護の方法を学ぶことで、患者自身の症状の改善だけでなく、介護者の負担軽減にもつながりそうだ。

(画像は公益社団法人日本認知症グループホーム協会のサイトより)

▼外部リンク
公益社団法人日本認知症グループホーム協会「知っていますか?認知症のこと」、「レビー小体型認知症介護ガイドブック」のご案内
相談e-65.net/認知症について知っておきたい基礎知識
相談e-65.net/レビー小体型認知症介護ガイドブック


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な…
  3. 3アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8「治療で改善できる認知症・iNPH」張家正先生インタビュー
  9. 9「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  10. 10大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
このページの
上へ戻る