認知症予防効果も期待される高カカオチョコレート 祖父へのバレンタインにいかが?

2015年1月24日

カカオポリフェノールの抗酸化作用に着目

生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研は、「高カカオチョコレートトレンド10周年とオトナのバレンタインに関する調査」を実施した。

チョコレートに含まれるカカオには、動脈硬化の防止やストレス緩和、アレルギー症状の改善などさまざまな健康効果があることが知られている。カカオの含有量を増加した高カカオチョコレートも、2005年の登場以来注目を集め続けている。

愛知学院大学心身科学部の大澤俊彦教授は、高カカオチョコレートには認知症予防の効果があるとしている。同調査では高カカオチョコレートが好きな父親・祖父は全体の76%に及んでおり、バレンタインに祖父へチョコレートをプレゼントするのもいいかもしれない。

1日板チョコ5かけら程度の分量で健康維持

大澤教授によれば高カカオチョコレートに含まれる「カカオポリフェノール」が、健康増進のため重要な役割を担っているという。

カカオポリフェノールには「血管壁をしなやかにする」「血圧を下げる」「HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やす」などの効能があり、動脈硬化を防止する働きをもつ。

脳内に存在するDHAの酸化は認知症発症の引き金になるとされるが、カカオポリフェノールには抗酸化作用もあり、認知症予防の効果が期待される。1日25gの高カカオチョコレートで健康維持に努めたい。

(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク
トレンド総研 ニュースリリース
トレンド総研 高カカオチョコレートトレンド10周年に関する調査


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5地中海料理を元にした「マインド食事法」は、アルツハイマー型認知症…
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る