認知症ケアDVD「ユマニチュード – 優しさを伝えるケア技術」再発売

2015年1月21日

フランスで生まれた技法

認知症ケアの新しい技法として注目を集め、昨年発売された「ユマニチュード – 優しさを伝えるケア技術」のDVDが、2月2日より再発売されることが、1月16日に発表された。

「ユマニチュード」は、体育学を専攻する2人のフランス人、イブ・ジネスト氏(Yves Gineste )とロゼット・マレスコッティ氏(Rosette Marescotti )によって開発され、35年の歴史ある認知症ケアの技法である。

現在フランス国内では、400を超える医療機関や介護施設がこの技法を導入している。ベルギー・スイス・ポルトガル・ドイツ・カナダに次いで、日本では2014年に紹介された。

「見る・話しかける・触れる・立つ」

DVDでは、フランスで生まれたこの技法を、開発者の2人が実例を交えて丁寧にわかりやすく解説。 病院・介護施設・在宅・教育現場などで広く利用できるものとなっている。

認知症が進むと、記憶の混乱がおこり、本人は不安を抱えたまま意欲が低下していき、被害妄想などの症状があらわれることがある。徘徊や暴言・暴力なども増し、家族や介護者の心身の負担はますます大きくなる。

「ユマニチュード」では、ケアの方法を変えることにより、認知症の本人が変化し、意思疎通が図れるようになる。「見る・話しかける・触れる・立つ」というケアの4つのポイントを心がけるだけで、介護する人も介護される人も、快適さと穏やかさを感じるようになり、驚くほど楽になるという。

1人の人間として接すること

まず、同じ目の高さで、正面から長い時間をかけてみつめる。話しかける時は、頻繁に、優しく、前向きな言葉で語りかける。

着替えや清拭など、身体に触れて介助する場合も、機械的な動作のみで手足を動かしたり触ったりするのではなく、常に話しかけながら支えるように持ち上げ、優しく触れる。そして、可能な場合は、立ち上がることを促す。

介護の現場では認知の機能が急激に落ちている人に対し、治療や介護を受け入れてもらうことは、さまざまな面で困難が多い。場合によっては、おむつを替えるだけで30分を費やすこともある。しかしこの技法で接すると、驚くほどスムーズにできるという。

大事なのは、認知症状をともなう人と接する時、相手を大切な存在として扱うという視点だ。病人としてではなく、あくまで1人の人間として接することで信頼関係が生まれるということだ。

▼外部リンク
ジネスト・マレスコッティ研究所日本支部
【DVD】ユマニチュード – 優しさを伝えるケア技術


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 18/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る