自治医科大学附属さいたま医療センターで市民公開講座 『見る聴くは認知症を防ぐ』

2015年1月15日

認知症予防のヒントが得られる

埼玉県さいたま市大宮区にある自治医科大学附属さいたま医療センターでは、 『見る聴くは認知症を防ぐ』と題した市民公開講座を実施する。

認知症予防のためには高齢者の眼や耳の健康が重要であることについて、同センターの医師らが分かりやすく解説する。

日時は1月24日の13:00~16:20、会場は同センター南館2階講堂。受講料は500円(当日徴収)、定員は先着順で200人。申し込みは公式ホームページや電話などで受け付けている。

眼科、薬剤部、耳鼻咽喉科の専門家が解説

当日は3つの講演が予定されている。講座1は「高齢者の眼の病気」について、眼科の梯彰弘教授が担当。老眼や白内障など、眼におきた症状がもとで生活にでる支障などについても説明する。

講座2は「高齢者とくすり」と題し、薬剤部の堀口久光薬剤部長が解説を行う。薬の飲み合わせや薬の「効きすぎ」など、高齢者に起こりやすい薬のトラブルについて学べる。

講座3は「きこえの大切さ」について、耳鼻咽喉科の新鍋晶浩助教が講義する。耳の病気についての解説や、難聴が認知症のリスクとなる最近の研究についても紹介する予定だ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
自治医科大学附属さいたま医療センター『見る聴くは認知症を防ぐ』


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10ナガセ ビューティケァ 、発酵オタネニンジンで認知症抑制を研究
このページの
上へ戻る