「認知症の人とともに暮らすまちづくり宣言」から10年 福岡県大牟田市の取組み

2015年2月12日

まち全体で認知症患者と家族を支える

福岡県大牟田市は平成17年1月に「認知症の人とともに暮らすまちづくり宣言」を行い、今年で10年目を迎える。福祉・医療・介護・地域・行政が協力し、市全体で認知症の人と家族を支えることを目標に掲げ、数多くの取り組みが続けられている。

認知症サポーター養成講座や、小中学校における認知症絵本教室の実施などを通し、地域住民の間にも認知症に対する知識が根付いている。

1月25日にはまちづくり宣言10周年を記念した市民の集いが開かれ、国際医療福祉大学大学院教授の大熊由紀子氏による講演「まちでみんなで認知症の人をつつむ~大牟田の挑戦~」も行われた。

支援見守りの輪が広がっている

大牟田市では認知症の正しい理解の共有と、誰もが支え合って暮らすことができるまちづくりを目指し、「地域認知症ケアコミュニティ推進事業」を展開している。

65歳未満で認知症状のある若年性認知症の人に向けて、本人交流会を定期的に開催。「若年性認知症フレンドシップキャンペーン」として昨年には登山イベントも行った。

徘徊SOSネットワーク模擬訓練も年に1回実施しており、住民は認知症患者の気持ちに配慮した声かけや見守りを学び、地域全体で支え合う意識を高めている。

(画像は大牟田市のホームページより)

▼外部リンク
大牟田市/認知症の人とともに暮らす まちづくり宣言10周年市民の集い


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5地中海料理を元にした「マインド食事法」は、アルツハイマー型認知症…
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  10. 10認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
このページの
上へ戻る