大阪市立大学がアルツハイマー型認知症の新しい抗体開発に成功

2015年1月19日

新しい治療薬として期待が高まる

大阪市立大学は9日、米国神経学協会誌の電子版において、アルツハイマー病の新しい治療薬となる抗体を開発したことを発表した。

研究を行ったのは同大学院医学研究科脳神経科学の富山貴美(とみやまたかみ)准教授らによるグループ。アルツハイマー病の脳に現れる病理変化「神経原線維変化」について、その原因となるタンパク質「タウ」に結合し、これを除去する働きを持つ新しい抗体の開発に成功した。

同抗体はタウを標的とする治療薬のプロトタイプとして、アルツハイマー病をはじめさまざまな神経変性疾患の予防や治療への利用が期待される。

抗体を投与したマウスの記憶障害が改善

アルツハイマー病は「アミロイドベータ」が脳に凝集し、そののち過剰リン酸化されたタウが蓄積、神経細胞が徐々に死に至ることで認知症を発症することが知られている。

今までアミロイドベータの除去を促す薬の開発が進められてきたが、アルツハイマー病病理の出現は早く、老人斑は発症の20年も前から形成がはじまるため、発症後の投薬では効果が得られていない。

富山氏らの研究グループは、タウ分子内における413番目のアミノ酸が起こすリン酸化が重要であることを突き止め、これに結合する新しい抗体を開発。モデルマウスに投与したところ、神経細胞間のシナプスが回復し、マウスの記憶障害が改善。神経原線維変化や神経細胞死にも抑制がみられたという。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク
大阪市立大学 プレスリリース/アルツハイマー病の新しい治療薬となる抗体を開発


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  3. 38/18、19:00~「その原因、Xにあり!」は夏野菜SP。認知…
  4. 4認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  6. 6若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
  7. 7「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
  8. 8認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10高齢者事故の対策に!「白質病変」に対するコリン摂取のメリットとは…
このページの
上へ戻る