認知症の83歳男性が首都高を逆走し死亡

2015年1月11日

行方不明者届が出されていた高齢男性が運転

7日の午前0時25分ごろ、東京都板橋区の首都高速道路5号池袋線上り線で軽乗用車が逆走。大型トラックとトレーラーに次々と衝突する事故を起こし、軽乗用車を運転していた茨城県稲敷市江戸崎甲の無職、徳田順良さん83歳が全身を強く打ち死亡した。

事故に遭遇したトラックとトレーラーの運転手にけがはなかった。トラックの運転手は事故の瞬間について以下のように語った。

「来た瞬間に、もう逃げ場がないじゃないですか、首都高速道路の上だから、えっと思った瞬間に横で音がして」
(FNNニュースより引用)

警視庁高速隊の調べによると、現場は片側二車線の直線道路。事故の直前にも現場付近を走行していたタクシーと接触事故を起こしており、同隊が詳しく調べている。

相次ぐ逆走事故の6割は高齢者ドライバー

事故で亡くなった徳田順良さんは認知症を患っており、6日昼にひとりで家を出たまま行方が分からなくなっていたため、家族が茨城県警に行方不明者届を提出していた。

首都高速株式会社によれば、高速道路上で平成23~25年に発生した逆走事案541件のうち、65歳以上の高齢者によるものが約7割、認知症の疑いや飲酒などの運転者によるものが約4割となっている。

(画像は首都高ドライバーズサイトより)

▼外部リンク
首都高ドライバーズサイト
首都高速道路株式会社 プレスリリース


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5【明日放送】TBS「人間とは何だ…!? 健康・長寿の最新常識」
  6. 6東京都、認知症支援の医療機関を新たに指定、計51か所となる
  7. 7認知症を予防できる未来へ。ホタテ由来のプラズマローゲン最新研究成…
  8. 8認知症進行、自宅で予防するアプリ
  9. 9自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国…
  10. 10テロメアで認知症予防「遺伝子体質検査ドクターズ・アドバイス」
このページの
上へ戻る