50歳以上の6割が物忘れや認知症に不安 TPC消費者調査レポート

2015年1月28日

50代以上の認知症に対する予防・対策ニーズは強い

マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版事業を手がける株式会社総合企画センター大阪は、TPC消費者調査レポートNo.204『脳老化の実態とブレインフーズのニーズを探る』の販売を開始した。

同調査では50代以上の男女が感じる「脳の衰え」や「もの忘れ」についての実態を明らかにし、今後の認知症対策などについても役立つ資料となっている。

商品はA4判カラーコピー製本約147ページとCD-ROM版のセット。2014年12月25日発刊、価格は360,000円。

サプリメントへの関心も高い結果に

同調査は「最近、脳の老化やもの忘れがひどくなった」と感じる50代以上の男女、618人を対象に実施。そのうち約6割弱が「もの忘れ」や「脳の衰え」を気にしていると回答。さらに将来、自分自身が「ボケる可能性がある」と不安を感じている人も半数にのぼった。

50代以上の人の多くが「脳老化」や「認知症」の「予防・対策」に関心があり、年齢が上がれば上がるほどこうした取り組みを実践している人が多い結果に。また「脳によいサプリメント」などの利用意向も高まっていることが判明した。

(画像はTPCビブリオテックのホームページより)

▼外部リンク
株式会社総合企画センター大阪 プレスリリース/Dream News
株式会社総合企画センター大阪 TPCビブリオテック/TPC消費者調査レポートNo.204『脳老化の実態とブレインフーズのニーズを探る』


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1「血液検査でMCI発見」新たな診断方法を開発(日大工学部)
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3整体師による世界一簡単な体操「腰浮かせ」で認知症予防
  4. 4認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  5. 5【樋口直美さんインタビュー】 レビー小体型認知症は認知症というよ…
  6. 6生活課題の解決が認知症治療につながる 髙瀬先生インタビュー pa…
  7. 7認知症等による行方不明者3年連続で1万人越え
  8. 8認知症で注目されているコリンと コレステロールの意外な関係?!
  9. 9オムロンと理研、認知症早期発見などへ応用できる技術研究
  10. 10認知症対策の国家戦略『新オレンジプラン』策定
このページの
上へ戻る